2012年11月25日

対ゴキゲン中飛車58金右戦法研究 1回目

今回、対ゴキゲン中飛車58金右戦法を研究しました。
まずは、基本ベースを。
☗7六歩☖3四歩☗2六歩☖5四歩☗2五歩☖5二飛☗5八金右(=1図)
00.gif
これが先手の作戦ですね。
☗4八銀ではなく、急戦に備えて☗5八金右と上がります。
簡単に言うと、玉の右側が壁にならないように守った手と言えます。

☖5五歩☗2四歩☖同歩☗同飛(=2図)
01.gif
ここで後手は超急戦を避ける☖3二金がありますが、
先手は穴熊に囲いやすく、作戦勝ちになることが多いようです。
少なくても、言い分は通ってると解釈しています。
そこで、後手も踏み込みます。

☖5六歩☗同歩☖8八角成☗同銀☖3三角☗2一飛成☖8八角成☗5五桂(=3図)
02.gif
これが成立するように備えてるのが☗5八金右の効果です。
4八銀だと右が壁で指す気がしません。先手敗勢です。
☗5五桂が馬と飛両方の利きを遮って気持ち良い手です。
一旦ここまでにします。
(画像の貼り付け方がわかりません;;)

***
実戦編










後で調べたところ、47手目は☗2八歩☖5六銀不成☗2七歩☖6五銀☗同歩☖5五飛☗5七歩(妙手)で先手勝ちとのこと。38手目は☖7一玉なら後手が指せると言われているようだ。
ラベル:shukyu14
posted by fuaishuu-diario at 10:40| Comment(2) | テ研:対ゴキゲン▲5八金右 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。