2012年11月24日

2012.11.20 Tue 棋譜検討

とるのさんが指された将棋を検討した。

開始日時:2012/11/15 23:50:42
棋戦:自由対局室
手合割:平手
先手:toruno
後手:***
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:14/00:00:14)
2 8四歩(83) ( 0:06/00:00:06)
3 6八銀(79) ( 0:47/00:01:01)
4 8五歩(84) ( 0:03/00:00:09)
5 7七角(88) ( 0:03/00:01:04)
6 5二金(61) ( 0:03/00:00:12)
これは少し違和感がある手かもしれない。形を決めすぎている感もある。▽3四歩あたりが普通だろう。
7 2六歩(27) ( 0:07/00:01:11)
8 3四歩(33) ( 0:03/00:00:15)
9 7八金(69) ( 0:02/00:01:13)
すぐ▲2五歩もあるところで、その時後手は先手の飛先交換を受けにくい。そのとき先の▽5二金右が2筋方面には関係ない手になっている。
10 3二金(41) ( 0:10/00:00:25)
ここで▽7七角成▲同銀▽2二銀なら飛先の受けが間に合うところ。また▽4四歩と止める手(矢倉志向)もあり、先の▽5二金右との関連を考えるとそれが最善かもしれない。
11 2五歩(26) ( 0:02/00:01:15)
これで後手は飛先交換が受けにくい。一方先手は後手の飛先交換を受けられている。
12 6二銀(71) ( 0:36/00:01:01)
13 2四歩(25) ( 1:28/00:02:43)
14 2四歩(23) ( 0:03/00:01:04)
15 2四飛(28) ( 0:03/00:02:46)
16 2三歩打 ( 0:03/00:01:07)
17 2八飛(24) ( 0:53/00:03:39)
一方的に飛先を切って先手がリードを奪った。
18 4四歩(43) ( 0:08/00:01:15)
19 3八銀(39) ( 1:09/00:04:48)
20 4三金(52) ( 0:15/00:01:30)
21 2七銀(38) ( 0:30/00:05:18)
22 4二銀(31) ( 0:03/00:01:33)
23 7九銀(68) ( 0:08/00:05:26)
序盤のポイントとなった局面。本譜は矢倉に組もうという意味だが、手損になるというデメリットがあった。ここでは▲2六銀と出る手が有力とされ、これは飛先交換の得と、先手の低い陣形を生かしていると言えるだろう。対して後手は上ずっている。ちなみに▲3六銀と出ると▽3三桂で無理矢理銀の進出を阻止されるかもしれないが、その場合は▲1六歩〜▲1七桂〜▲2五桂という捌き方を知っていれば良い。
24 5四歩(53) ( 0:12/00:01:45)
25 5八金(49) ( 0:06/00:05:32)
26 7四歩(73) ( 0:04/00:01:49)
27 6六歩(67) ( 0:12/00:05:44)
28 9四歩(93) ( 0:04/00:01:53)
29 6七金(58) ( 0:01/00:05:45)
30 7三銀(62) ( 0:08/00:02:01)
31 6八角(77) ( 0:03/00:05:48)
32 3三銀(42) ( 0:03/00:02:04)
33 8八銀(79) ( 0:02/00:05:50)
34 3一角(22) ( 0:04/00:02:08)
35 7七銀(88) ( 0:16/00:06:06)
36 4一玉(51) ( 0:02/00:02:10)
37 6九玉(59) ( 0:01/00:06:07)
38 8四銀(73) ( 0:07/00:02:17)
39 1六歩(17) ( 0:16/00:06:23)
40 1四歩(13) ( 0:05/00:02:22)
*ここで▽9五銀で後手が先攻できるという意見があった。確かに▽1四歩は甘かろう。
41 2六銀(27) ( 0:03/00:06:26)
42 5五歩(54) ( 0:08/00:02:30)
*先手が▲5六歩と突いていないことを主張した手。これで先手は角筋を通すには歩を突き捨てなければならなくなったので、▲1五歩からの端攻めを緩和したと言える。
43 1五歩(16) ( 0:06/00:06:32)
44 1五歩(14) ( 0:04/00:02:34)
45 1五銀(26) ( 0:02/00:06:34)
*持ち歩があるので▲1四歩と垂らす手も有力だった。対して▽同香は▲2五銀で召し捕れる。ちなみに持ち歩が2枚以上あれば▲1三歩とここに垂らすのがより厳しく、放置すれば▲1五香と走って「歩には歩」の受けの形ができないし、▽同香・桂は▲1四歩、▽同角は▲1五香で駒得が確定する。また、持ち歩が多ければ▲1二歩▽同香▲1三歩のような連打もあるが、単に▲1三歩と垂らしても取る一手であることもあるので、良く考える必要がある。また、この「3段目に垂らし」は端攻めの基本手筋であり、振り飛車の美濃囲いに対しても非常に効果的である。
46 1三歩打 ( 0:21/00:02:55)
*これでは低姿勢。当然▽1五同香と取るべきだったと思われる。ちなみに▲1五同銀の形を放置しておくとやはり次に▲1三歩と打たれる手が厳しかろう。
47 1六香(19) ( 0:06/00:06:40)
*逸機と言える。棒銀は銀交換を以て成功とするのであるから、ここは▲2四歩と突いて交換しに行けばハッキリと先手が良かったと思われる。逆にそこまで先手が好き放題にできるのは、前手▽1三歩の罪である。
48 4二角(31) ( 0:06/00:03:01)
49 1八飛(28) ( 0:03/00:06:43)
50 2四銀(33) ( 0:43/00:03:44)
*守りの銀をわざわざ棒銀にぶつけるのはいかがなものだろうか。
51 2四銀(15) ( 0:16/00:06:59)
52 2四角(42) ( 0:03/00:03:47)
53 2五歩打 ( 0:45/00:07:44)
*つい打ちたくなってしまうが、これは先手がかなりの損と思われる。というのは2筋の歩は一回交換したのをまた2五の位置に戻した勘定になってしまうからである。代わりにどう指すかだが、現状先手は2七の空間が気になるし、▲2八飛とじっと戻って形を直しておくのが一案だろうか。端に寄った飛を戻すのも指しにくいようだが、わざわざ後手から棒銀を捌かせてくれたという「棚ぼた」な事情を考えると腹も立たないだろう。
54 3三角(24) ( 0:38/00:04:25)
55 5六歩(57) ( 0:02/00:07:46)
*突き捨てになってしまうが、角道を通す。
56 5六歩(55) ( 0:14/00:04:39)
57 1三香成(16) ( 0:05/00:07:51)
58 1三桂(21) ( 0:47/00:05:26)
59 1三角成(68) ( 4:33/00:12:24)
60 1三香(11) ( 0:29/00:05:55)
61 1三飛成(18) ( 0:05/00:12:29)
62 2二銀打 ( 0:02/00:05:57)
*ガッチリと受けたが、厳しさに欠けると言えよう。ここは▽5七歩成と成り捨てれば、▲同金▽3五角が両取りで決まっていた。
63 1二龍(13) ( 0:44/00:13:13)
*少し錯覚されたのかと思う。
64 1一香打 ( 0:04/00:06:01)
65 2一龍(12) ( 0:04/00:13:17)
66 3一金(32) ( 0:08/00:06:09)
*これで竜が捕まってしまった。
67 3二銀打 ( 0:11/00:13:28)
68 3二飛(82) ( 0:05/00:06:14)
69 3二龍(21) ( 0:03/00:13:31)
70 3二玉(41) ( 0:02/00:06:16)
71 7九玉(69) ( 0:13/00:13:44)
72 3九飛打 ( 0:18/00:06:34)
73 8八玉(79) ( 0:01/00:13:45)
74 6九銀打 ( 0:03/00:06:37)
75 8二飛打 ( 0:10/00:13:55)
76 4二角(33) ( 0:06/00:06:43)
77 7九香打 ( 0:50/00:14:45)
78 7八銀成(69) ( 0:06/00:06:49)
79 7八玉(88) ( 0:22/00:15:07)
80 9五銀(84) ( 0:07/00:06:56)
81 5六金(67) ( 0:54/00:16:01)
82 6九角打 ( 0:37/00:07:33)
83 6七玉(78) ( 0:04/00:16:05)
84 4七角成(69) ( 0:03/00:07:36)
85 6五歩(66) ( 0:02/00:16:07)
86 6九飛成(39) ( 0:47/00:08:23)
87 6八銀打 ( 0:12/00:16:19)
88 5八龍(69) ( 0:06/00:08:29)
89 6六玉(67) ( 0:04/00:16:23)
90 5六龍(58) ( 0:03/00:08:32)
91 投了 ( 0:07/00:16:30)
*序盤は先手が巧くリードを奪った。駒組での手損や、攻撃の祭に急所をやや外してしまったのが、少し惜しかったと思う。とるのさんお疲れ様でした。
posted by fuaishuu-diario at 01:36| Comment(0) | 小研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。