2012年10月30日

2012.10.30 Tue 練習将棋

記:11sayuri26

開始日時:2012/10/30 23:11:59
棋戦:自由対局室
手合割:平手
先手:f03qboy4
後手:11sayuri26
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:15/00:00:15)
2 3四歩(33) ( 0:02/00:00:02)
3 2六歩(27) ( 0:17/00:00:32)
4 9四歩(93) ( 0:03/00:00:05)
*角交換振り飛車を目指した。
5 1六歩(17) ( 0:27/00:00:59)
*普通は▲2五歩。それにも▽9五歩と伸ばす予定だった。先手は居飛車なので飛車側の端歩をここで突くのは少し意味が薄いように思われる。
6 9五歩(94) ( 0:05/00:00:10)
7 1五歩(16) ( 0:03/00:01:02)
*更に伸ばしたが、これも前述の理由でやや疑問とされた。
8 3三角(22) ( 0:04/00:00:14)
*▽8八角成からのダイレクト向かい飛車、▽4二飛のダイレクト四間飛車も考えられたが、今回は▽3三角戦法を採用した。
9 4八銀(39) ( 0:11/00:01:13)
10 3二金(41) ( 0:03/00:00:17)
*▽2二飛と向かい飛車にするべきだったかもしれない。先手の飛先が2六で止まっていたのであまり気が向かなかったのだが、それならむしろ後手が▽2四歩と突く将棋にできた。
11 3六歩(37) ( 0:29/00:01:42)
12 4二銀(31) ( 0:11/00:00:28)
13 3七銀(48) ( 0:02/00:01:44)
*速攻を見せる。
14 8四歩(83) ( 0:04/00:00:32)
*▽5二飛の中飛車の形を予定していたが、先手の動きを見て反撃体勢を早く調えることにした。
15 6六歩(67) ( 1:13/00:02:57)
*矢倉志向。
16 8五歩(84) ( 0:03/00:00:35)
*後手は▽4二銀型にしてしまっているため▽4二角と引けず、矢倉には組みにくい。低い体勢で急戦を目指した。
17 7七角(88) ( 0:02/00:02:59)
18 7二銀(71) ( 0:04/00:00:39)
19 7八金(69) ( 0:09/00:03:08)
20 6四歩(63) ( 0:01/00:00:40)
21 5八金(49) ( 0:05/00:03:13)
22 6三銀(72) ( 0:02/00:00:42)
23 4六銀(37) ( 0:19/00:03:32)
24 5四銀(63) ( 0:07/00:00:49)
25 3五歩(36) ( 0:34/00:04:06)
*Qさん自身のご指摘だが、先手は仕掛ける前に▲6八銀と備えておく手を入れておいた方が良かっただろうか。例えばここで▲6八銀▽4四歩▲3五歩▽同歩▲同銀▽4五歩はどうだろう。▽4四歩も怖い手だが、先手の飛先が2六止まりなので後手もすぐには潰れないような気がする。
26 3五歩(34) ( 0:04/00:00:53)
27 3五銀(46) ( 0:03/00:04:09)
28 6五歩(64) ( 0:01/00:00:54)
*狙いの反撃。
29 6五歩(66) ( 0:06/00:04:15)
30 6六歩打 ( 0:01/00:00:55)
31 3四歩打 ( 0:21/00:04:36)
32 5五角(33) ( 0:02/00:00:57)
33 4六銀(35) ( 0:07/00:04:43)
34 4四角(55) ( 0:02/00:00:59)
35 6四歩(65) ( 0:21/00:05:04)
36 6二飛(82) ( 0:02/00:01:01)
37 2五歩(26) ( 0:26/00:05:30)
38 6五銀(54) ( 0:03/00:01:04)
39 2四歩(25) ( 0:06/00:05:36)
40 2四歩(23) ( 0:01/00:01:05)
41 2四飛(28) ( 0:29/00:06:05)
*ここで▲2五歩の継ぎ歩が心配だったが、局後の検討では以下▽7六銀▲2四歩に▽2二歩でも▽2七歩(飛頭連打)も後手指せそうとのことだった。
42 2三歩打 ( 0:02/00:01:07)
43 2五飛(24) ( 0:28/00:06:33)
44 7六銀(65) ( 0:01/00:01:08)
45 5六歩(57) ( 0:19/00:06:52)
*▲5五銀と出るのは▽7七銀成▲同桂▽3六角で先手困る。
46 6四飛(62) ( 0:42/00:01:50)
47 6八歩打 ( 0:12/00:07:04)
*ここで▲5五銀は▽同角▲同歩▽6七歩成で崩壊。また、▲6八銀は▽6七歩成のときに対応がなかなか難しいようだ。後手からは角を取って▽3六角の筋があるため、5八の金が動きにくいかもしれない。
48 8四飛(64) ( 0:05/00:01:55)
*次こそ▲5五銀で両取りになるので躱しておく。
49 5五銀(46) ( 0:15/00:07:19)
50 7七銀成(76) ( 0:02/00:01:57)
51 7七桂(89) ( 0:08/00:07:27)
52 2二角(44) ( 0:02/00:01:59)
53 8八銀(79) ( 1:46/00:09:13)
54 3四飛(84) ( 0:02/00:02:01)
55 3五歩打 ( 0:13/00:09:26)
*▲3五銀も考えられるところで、その場合は▽2四歩から飛交換に持ち込む手を考えていた。
56 8四飛(34) ( 0:02/00:02:03)
57 3四銀打 ( 0:03/00:09:29)
*これで受けにくいように見えるが。
58 2四歩(23) ( 0:10/00:02:13)
*振り飛車的な軽い手筋の受け。▲同飛なら▽3三歩▲2三銀成▽2四飛で飛交換に持ち込める。後手は一段金が心強い。
59 2八飛(25) ( 1:10/00:10:39)
60 9六歩(95) ( 0:07/00:02:20)
*序盤の突き来しが生きてきた。
61 9六歩(97) ( 0:03/00:10:42)
62 9八歩打 ( 0:10/00:02:30)
63 9八香(99) ( 0:28/00:11:10)
64 8九角打 ( 0:02/00:02:32)
65 7九金(78) ( 0:11/00:11:21)
66 5六角成(89) ( 0:02/00:02:34)
*▽9八角成と香得でも後手優勢。本譜は馬で制圧することを目指した。
67 4六銀(55) ( 0:08/00:11:29)
68 6七歩成(66) ( 0:26/00:03:00)
69 6七歩(68) ( 0:06/00:11:35)
*▲6七同金は▽4七馬▲5七金▽5四飛で後手押し切れるか(tekitohさんのご指摘)。
70 6六歩打 ( 0:03/00:03:03)
*▲同歩なら▽同角と飛び出して気持ち良い。
71 5七歩打 ( 0:33/00:12:08)
72 6七馬(56) ( 0:37/00:03:40)
*強く入り込んだ。▲同金▽同歩成はさすがにと金が大きい。
73 6八歩打 ( 0:14/00:12:22)
74 7六馬(67) ( 0:10/00:03:50)
75 2三歩打 ( 0:27/00:12:49)
76 3一角(22) ( 0:07/00:03:57)
77 2四飛(28) ( 0:25/00:13:14)
78 3三歩打 ( 0:07/00:04:04)
*▲2四飛には常にこれがある。
79 2二歩成(23) ( 2:16/00:15:30)
80 2二角(31) ( 0:04/00:04:08)
81 2二飛成(24) ( 0:10/00:15:40)
82 2二金(32) ( 0:02/00:04:10)
83 4五銀(34) ( 0:36/00:16:16)
84 2四飛(84) ( 0:02/00:04:12)
85 6九玉(59) ( 0:34/00:16:50)
86 2九飛成(24) ( 0:02/00:04:14)
87 7八玉(69) ( 0:02/00:16:52)
88 5八馬(76) ( 0:02/00:04:16)
89 6三角打 ( 0:38/00:17:30)
90 6七歩成(66) ( 0:31/00:04:47)
*当初この軽手が見えなかった。
91 6七歩(68) ( 0:10/00:17:40)
92 6八金打 ( 0:01/00:04:48)
93 8九玉(78) ( 0:10/00:17:50)
*▲6八同金は▽同馬▲同玉▽6九飛以下の詰み。
94 6七馬(58) ( 0:01/00:04:49)
95 投了 ( 0:29/00:18:19)
posted by fuaishuu-diario at 23:44| Comment(0) | 練習将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。