2012年08月21日

2012.8.21 Tue 練習将棋













FB将棋miniはフリーソフトです。詳しくは、FAT BECKY 将棋サイトをご覧下さい。



開始日時:2012/08/21 22:40:50
棋戦:自由対局室
手合割:平手
先手:kazu58
後手:shukyu14
手数----指手---------消費時間--
1 5六歩(57) ( 0:21/00:00:21)
2 3四歩(33) ( 0:21/00:00:21)
3 5八飛(28) ( 0:08/00:00:29)
4 8四歩(83) ( 0:04/00:00:25)
5 7六歩(77) ( 0:08/00:00:37)
6 8五歩(84) ( 0:06/00:00:31)
7 5五歩(56) ( 0:45/00:01:22)
8 6二銀(71) ( 0:02/00:00:33)
9 1六歩(17) ( 0:08/00:01:30)
*早い段階での端歩突き。後手のアナグマを打診する意味があるかもしれない(11sayuri26の推測です)。また、1手パスしてゴキゲン中飛車を先手で指せるとも言える。
10 4二玉(51) ( 0:01/00:00:34)
11 7七角(88) ( 0:04/00:01:34)
12 5二金(61) ( 0:07/00:00:41)
13 4八玉(59) ( 0:02/00:01:36)
14 3二玉(42) ( 0:02/00:00:43)
15 3八玉(48) ( 0:02/00:01:38)
16 7四歩(73) ( 0:01/00:00:44)
17 2八玉(38) ( 0:11/00:01:49)
18 4二銀(31) ( 0:04/00:00:48)
19 6六歩(67) ( 0:05/00:01:54)
*一回は▲6八銀というのが形としても自然と思われる。かずさんも局後に「ミスだった」と仰ったが、実は形勢を損ねる手ではなかったようだ。
20 7三銀(62) ( 0:05/00:00:53)
21 6八銀(79) ( 0:02/00:01:56)
22 6四銀(73) ( 0:02/00:00:55)
*これで5五の歩が助からないように見えるのが先の▲6六歩のデメリット。
23 6七銀(68) ( 0:03/00:01:59)
*▲6五歩と突く手があった。以下▽同銀は▲6七銀。
00.gif
この変化も先手一歩損だが、後手の6五の銀には退路が無く、先手は▲6八角〜▲7七桂や、歩を持てば▲6六歩と打ってこれを召し捕ることができる。後手も忙しい局面であり、先手は一応歩損の代償を得ていると言える。
24 5五銀(64) ( 0:05/00:01:00)
*本譜は後手銀が好位置に進出し、先手に主張がない。
25 3八銀(39) ( 0:05/00:02:04)
26 6四銀(55) ( 0:20/00:01:20)
*深夜にしゅうさんらしい手と評されていた。積極的に、鋭角的に攻めを狙う。ただしここは▽5四歩という「圧力系」の手もあった。銀は天王山に設置しておいて盤上を支配しようという考え方である。5五に後手の銀が居る限り、先手は▲5六銀と捌こうとしても▽6六銀と躱されてしまうし、▲4六歩と突くこともできない。しかし放っておいても後手からは▽6四歩〜▽7三桂〜▽6五歩というような攻めが厳しい。後手にじわじわ押し上げられると先手苦しかったようだ。
27 6八角(77) ( 0:14/00:02:18)
*ここで▲6五歩の決戦は▽7三銀と自重されて問題にならないようだ。
28 7五歩(74) ( 0:26/00:01:46)
29 7五歩(76) ( 0:12/00:02:30)
30 7五銀(64) ( 0:01/00:01:47)
31 4六角(68) ( 0:07/00:02:37)
*棒銀、早繰り銀の天敵は飛のコビンを攻められること。かずさんがうまく盛り返した。やはりしゅうさんの攻めは急ぎ気味だった気がする。
32 7三歩打 ( 0:32/00:02:19)
*▽9二飛で耐えるしかなかったか。
33 7四歩打 ( 0:18/00:02:55)
*当然ながら厳しい追撃。
34 6六銀(75) ( 2:09/00:04:28)
35 6六銀(67) ( 0:24/00:03:19)
36 6六角(22) ( 0:03/00:04:31)
37 7三歩成(74) ( 0:56/00:04:15)
*ここを破れたのは大きい。更に飛車取りの先手である。
38 8四飛(82) ( 0:08/00:04:39)
39 7七銀打 ( 4:21/00:08:36)
*自陣に銀を打つのは少し勿体ないような気もするが、手堅く行こうということだと思われる。
40 3三角(66) ( 0:45/00:05:24)
41 6八飛(58) ( 1:26/00:10:02)
42 6四銀打 ( 0:39/00:06:03)
*簡単には崩れない。
43 7二と(73) ( 2:21/00:12:23)
*▲7四歩と繋ぐ方が良かったのではないか。これは、と金を働きやすい3段目に残して、どこかで▲6三とのような筋を狙う意味。本譜は桂得確定だが、と金は遊ぶ。
44 8六歩(85) ( 0:07/00:06:10)
45 8六歩(87) ( 0:23/00:12:46)
46 7六歩打 ( 0:02/00:06:12)
47 8八銀(77) ( 1:26/00:14:12)
48 5五銀(64) ( 1:49/00:08:01)
*中央を制して勝負する。先手はと金が2段目に入り▲6三とが利かなくなったところを突かれたとも言える。
49 5七角(46) ( 0:30/00:14:42)
50 5四飛(84) ( 1:18/00:09:19)
*やはり中央志向。
51 8一と(72) ( 1:10/00:15:52)
52 5六銀(55) ( 0:11/00:09:30)
53 4六桂打 ( 0:55/00:16:47)
54 5七銀(56) ( 2:24/00:11:54)
*本譜はナラズだったが、成が優るだろう。
55 5四桂(46) ( 0:34/00:17:21)
56 5四歩(53) ( 0:13/00:12:07)
*▽6八銀成▲4二桂成▽同金寄▲6八金▽8八角成の進行でも後手が良さそう。
57 7八飛(68) ( 0:54/00:18:15)
58 6七角打 ( 0:33/00:12:40)
59 5八歩打 ( 0:18/00:18:33)
60 5八銀成(57) ( 0:41/00:13:21)
*▽強手。
61 5八飛(78) ( 0:38/00:19:11)
*▲同金右では▽7八角成▲同金▽6六桂が痛い。
62 5八角成(67) ( 0:13/00:13:34)
63 5八金(69) ( 0:02/00:19:13)
64 8八角成(33) ( 0:03/00:13:37)
65 8二飛打 ( 0:57/00:20:10)
*次の▽5五馬をうっかりしていたのか、読み筋だったのか。
66 5五馬(88) ( 1:13/00:14:50)
67 4六角打 ( 0:08/00:20:18)
68 8二馬(55) ( 0:28/00:15:18)
69 8二角成(46) ( 0:05/00:20:23)
70 7九飛打 ( 0:02/00:15:20)
*普通は▽6九から打つと思う。
71 8八角打 ( 0:30/00:20:53)
72 8九飛成(79) ( 0:30/00:15:50)
73 1一角成(88) ( 0:08/00:21:01)
74 2二銀打 ( 0:06/00:15:56)
75 1二馬(11) ( 0:10/00:21:11)
76 7九飛打 ( 0:07/00:16:03)
77 5九歩打 ( 0:57/00:22:08)
78 9九龍(89) ( 0:12/00:16:15)
79 4六馬(82) ( 0:25/00:22:33)
80 1一香打 ( 0:35/00:16:50)
81 2二馬(12) ( 0:36/00:23:09)
82 2二玉(32) ( 0:07/00:16:57)
83 7九馬(46) ( 0:05/00:23:14)
84 7九龍(99) ( 0:03/00:17:00)
85 6一銀打 ( 0:56/00:24:10)
86 5一金(52) ( 0:25/00:17:25)
87 7一飛打 ( 0:26/00:24:36)
88 6四角打 ( 0:28/00:17:53)
*攻防風の角打ち。
89 4六香打 ( 0:18/00:24:54)
90 6六桂打 ( 0:53/00:18:46)
91 4八金(58) ( 0:47/00:25:41)
92 4四角打 ( 0:49/00:19:35)
*香の利きに。ただし▲同香と取るのは▽3六桂が痛い。好手かどうかはわからない。私は悪手に近い気がするが・・・・。
93 7二飛成(71) ( 0:07/00:25:48)
94 3三角(44) ( 0:56/00:20:31)
*弱気の手でパスに近い。秒に追われてしまったようだ。
95 5二銀打 ( 0:33/00:26:21)
*これで食い付いた。
96 6八龍(79) ( 0:53/00:21:24)
97 4三銀成(52) ( 0:58/00:27:19)
98 5六桂打 ( 0:37/00:22:01)
*厳しい手だが、次に▽4八桂成と取っても詰めろにならない。
99 4二成銀(43) ( 0:57/00:28:16)
100 4二金(51) ( 0:22/00:22:23)
*▽同角左が優ると思う。
101 4二香成(46) ( 0:27/00:28:43)
102 4二金(41) ( 0:07/00:22:30)
103 4三金打 ( 0:55/00:29:38)
104 4八桂成(56) ( 0:15/00:22:45)
105 3三金(43) ( 0:14/00:29:52)
*かずさん痛恨の一手。▲3一銀と捨てればそれまでだった。
01.gif
以下▽同玉は▲4二竜▽同角右(左)▲3二金までだし、▽1二玉には▲3三金と必至をかけて、先手玉は詰まないので先手勝ち。
106 3三玉(22) ( 0:21/00:23:06)
107 5一角打 ( 0:55/00:30:47)
108 4九成桂(48) ( 0:39/00:23:45)
109 4二角成(51) ( 0:11/00:30:58)
110 4二角(64) ( 0:01/00:23:46)
111 6三龍(72) ( 0:13/00:31:11)
*ここで▲4四銀と打っても▽同玉から上部に逃げられてしまう。
112 5三香打 ( 0:08/00:23:54)
113 4四銀打 ( 0:59/00:32:10)
114 4四玉(33) ( 0:07/00:24:01)
115 投了 ( 0:16/00:32:26)
タグ:11sayuri26
posted by fuaishuu-diario at 23:54| Comment(2) | 練習将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会長、コメントありがとうございます♪
キングとは今後も良い戦いをして、切磋琢磨していきたいものです・。・
参考にして、次の戦いに活かしたいと思います!
キング、またよろしく(^O^)/
Posted by ましゅー at 2012年08月23日 18:11
コメントどうもありがとうございます。
しゅうさんvsかずさんはいつも熱戦になり、好カードだと思っています(笑)きっと皆さんもそう思っていらっしゃるのではないでしょうか。
棋譜コメントにも書かせて頂きましたが、しゅうさんの持ち味はなんといっても切れ味鋭い攻めですが、場面によっては手厚く押さえ込む指し方が優ることもあると思います。これは例会の対局を全てfree15分で行い、サークル独自Rなども導入しない理由の一つなのですが、練習将棋を普段とは違う手法を意欲的に試みる場にもして頂ければ幸いです。
Posted by 11sayuri26 at 2012年08月24日 02:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。