2012年07月30日

2012.7.29 Sun 対後手三間▲4五歩練習将棋 +主張について

開始日時:2012/07/29 22:19:02
棋戦:自由対局室
手合割:平手
先手:toruno
後手:11sayuri26
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:14/00:00:14)
2 3四歩(33) ( 0:50/00:00:50)
3 2六歩(27) ( 0:05/00:00:19)
4 4四歩(43) ( 0:03/00:00:53)
5 2五歩(26) ( 0:07/00:00:26)
6 3三角(22) ( 0:02/00:00:55)
7 4八銀(39) ( 0:07/00:00:33)
8 3二飛(82) ( 0:01/00:00:56)
9 4六歩(47) ( 0:02/00:00:35)
10 4二銀(31) ( 0:01/00:00:57)
11 6八玉(59) ( 0:02/00:00:37)
12 6二玉(51) ( 0:17/00:01:14)
13 4五歩(46) ( 0:20/00:00:57)
14 4五歩(44) ( 0:03/00:01:17)
15 3三角成(88) ( 0:07/00:01:04)
16 3三銀(42) ( 0:18/00:01:35)
17 5八金(49) ( 2:02/00:03:06)
*研究では▲6五角。本譜はじっくり指す方針だが、先手は既に歩損していることを考えると、攻めを続けるのが理に適っていそうだ。また、ここで▲4三角とこちらから打つ手もあるらしいとかずさん。これは確実に馬を作ろうという手だが、次に▲6五角成とする形は▲馬vs▽歩得であり、▲6五角〜▲8三角成が仮に実現した場合に比べると劣る。ただし▲8三角成は防げるので、その場合は▲3二角成の飛角交換になる。よって、飛角交換が先手が互角以上に指せるのであれば、先手は▲6五角を選ぶべきだろう。
18 2二飛(32) ( 0:12/00:01:47)
19 4七銀(48) ( 0:16/00:03:22)
20 4四銀(33) ( 0:09/00:01:56)
*隙を作った手。
21 4三角打 ( 1:10/00:04:32)
*すかさずこれを打たれる。前手▽4四銀のせいで3四の歩が浮いている。
22 3三銀(44) ( 2:51/00:04:47)
*戻るしかない。
23 3六銀(47) ( 1:35/00:06:07)
*▲6五角成が自然。そうなると▲馬vs▽歩得になる。
24 3二角打 ( 0:11/00:04:58)
*これで先手は馬作りを阻まれてしまった。
25 3二角成(43) ( 0:09/00:06:16)
26 3二金(41) ( 0:02/00:05:00)
27 4五銀(36) ( 0:38/00:06:54)
*歩を取り返して釣り合いは取れていそうだ。
28 4四歩打 ( 0:07/00:05:07)
29 5六銀(45) ( 0:02/00:06:56)
30 7二玉(62) ( 0:07/00:05:14)
31 7八玉(68) ( 0:02/00:06:58)
32 8二玉(72) ( 0:06/00:05:20)
33 8八玉(78) ( 0:27/00:07:25)
34 7二銀(71) ( 0:07/00:05:27)
35 7八銀(79) ( 0:02/00:07:27)
36 9四歩(93) ( 0:03/00:05:30)
37 9六歩(97) ( 0:03/00:07:30)
38 4二金(32) ( 0:07/00:05:37)
39 6六歩(67) ( 0:02/00:07:32)
40 5二金(42) ( 0:03/00:05:40)
41 6七金(58) ( 0:01/00:07:33)
42 4二銀(33) ( 0:11/00:05:51)
43 3六歩(37) ( 0:49/00:08:22)
44 4三銀(42) ( 0:16/00:06:07)
45 2四歩(25) ( 2:20/00:10:42)
*残念ながら不成立の仕掛け。
46 2四歩(23) ( 0:09/00:06:16)
47 2三歩打 ( 0:37/00:11:19)
48 2三飛(22) ( 0:03/00:06:19)
49 4一角打 ( 1:52/00:13:11)
50 2二飛(23) ( 0:10/00:06:29)
*ここで▲2三歩と打つ一歩がない。ちなみに▽2二飛ではなく▽3二角という手もあるため、歩を持っていたとしても仕掛けが成立しているかどうかは少し怪しい。
51 5五銀(56) ( 0:19/00:13:30)
52 4二金(52) ( 0:04/00:06:33)
53 4八飛(28) ( 2:23/00:15:53)
54 4一金(42) ( 0:05/00:06:38)
55 4四銀(55) ( 0:01/00:15:54)
56 4四銀(43) ( 0:02/00:06:40)
57 4四飛(48) ( 0:02/00:15:56)
58 4二歩打 ( 0:02/00:06:42)
59 3七桂(29) ( 0:57/00:16:53)
60 5五角打 ( 0:15/00:06:57)
61 投了 ( 0:09/00:17:02)

▲馬vs▽歩得などという表現が出てきたが、これは「主張」を表したものである。実戦で「主張」になりそうな要素はなんだろうか。皆で考えた。
駒得・手得・駒効率(利きの広さ、遊び駒の有無等)・手番・玉の安全度(堅さ、遠さ、広さ)・成駒(特に竜、馬、と金は大きいことが多いですね)・陣形の広さ(位)・陣形の隙のなさ等が挙がった。
ラベル:11sayuri26
posted by fuaishuu-diario at 00:34| Comment(0) | テ研:▲4五歩速攻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。