2012年07月24日

kazuさんとshukyu14の気ままな対局

開始日時:2012/07/24 22:35:20
棋戦:自由対局室
手合割:平手
先手:kazu58
後手:shukyu14
手数----指手---------消費時間--
1 5六歩(57) ( 0:13/00:00:13)
2 3四歩(33) ( 0:06/00:00:06)
3 5八飛(28) ( 0:03/00:00:16)
4 6二銀(71) ( 0:02/00:00:08)
5 7六歩(77) ( 0:02/00:00:18)
6 4二玉(51) ( 0:02/00:00:10)
7 5五歩(56) ( 0:16/00:00:34)
8 5二金(61) ( 0:03/00:00:13)
9 7八金(69) ( 0:03/00:00:37)
10 3二玉(42) ( 0:02/00:00:15)
11 4八玉(59) ( 0:02/00:00:39)
12 8四歩(83) ( 0:01/00:00:16)
13 6八銀(79) ( 0:22/00:01:01)
14 8五歩(84) ( 0:15/00:00:31)
15 7七角(88) ( 0:03/00:01:04)
16 7四歩(73) ( 0:02/00:00:33)
17 5七銀(68) ( 0:05/00:01:09)
18 7三銀(62) ( 0:02/00:00:35)
19 6六銀(57) ( 0:14/00:01:23)
20 6四銀(73) ( 0:02/00:00:37)
21 3八玉(48) ( 0:05/00:01:28)
22 4二銀(31) ( 0:03/00:00:40)
23 4八銀(39) ( 0:02/00:01:30)
24 7三桂(81) ( 0:03/00:00:43)
25 6八角(77) ( 1:37/00:03:07)
26 9四歩(93) ( 0:15/00:00:58)
27 5九飛(58) ( 0:42/00:03:49)
28 1四歩(13) ( 0:05/00:01:03)
29 1六歩(17) ( 0:03/00:03:52)
30 3三銀(42) ( 0:24/00:01:27)
31 7七桂(89) ( 1:03/00:04:55)
32 4四銀(33) ( 0:03/00:01:30)
33 5四歩(55) ( 10:39/00:15:34)
34 5四歩(53) ( 0:11/00:01:41)
35 4六角(68) ( 0:57/00:16:31)
36 5五銀(44) ( 0:16/00:01:57)
37 6八角(46) ( 0:48/00:17:19)
38 8六歩(85) ( 0:20/00:02:17)
39 8六歩(87) ( 0:05/00:17:24)
40 8七歩打 ( 1:03/00:03:20)
41 5五銀(66) ( 0:56/00:18:20)
42 5五歩(54) ( 0:18/00:03:38)
43 8七金(78) ( 0:58/00:19:18)
44 7八銀打 ( 0:16/00:03:54)
45 8八金(87) ( 0:23/00:19:41)
46 6七銀成(78) ( 0:03/00:03:57)
47 4六角(68) ( 0:02/00:19:43)
48 5六歩(55) ( 1:00/00:04:57)
49 5六飛(59) ( 0:57/00:20:40)
50 7七成銀(67) ( 0:23/00:05:20)
51 5三歩打 ( 0:25/00:21:05)
52 5三銀(64) ( 0:16/00:05:36)
53 7三角成(46) ( 0:10/00:21:15)
54 8六飛(82) ( 0:03/00:05:39)
55 4五桂打 ( 0:57/00:22:12)
56 5五歩打 ( 0:21/00:06:00)
57 7七金(88) ( 0:24/00:22:36)
58 5六歩(55) ( 0:17/00:06:17)
59 8六金(77) ( 0:06/00:22:42)
60 8八飛打 ( 0:02/00:06:19)
61 8二飛打 ( 0:40/00:23:22)
62 5七歩成(56) ( 0:23/00:06:42)
63 5三桂成(45) ( 0:27/00:23:49)
64 4八と(57) ( 0:14/00:06:56)
65 4八金(49) ( 0:01/00:23:50)
66 5六桂打 ( 0:08/00:07:04)
67 5七銀打 ( 0:58/00:24:48)
68 5九銀打 ( 0:50/00:07:54)
69 5二飛成(82) ( 0:56/00:25:44)
70 5二金(41) ( 0:07/00:08:01)
71 4一銀打 ( 0:14/00:25:58)
72 4一玉(32) ( 0:59/00:09:00)
73 5二成桂(53) ( 0:55/00:26:53)
74 5二玉(41) ( 0:02/00:09:02)
75 5四歩打 ( 1:00/00:27:53)
76 4八銀成(59) ( 0:12/00:09:14)
77 2八玉(38) ( 0:07/00:28:00)
78 4七成銀(48) ( 0:03/00:09:17)
79 1七玉(28) ( 0:03/00:28:03)
80 4四角(22) ( 0:07/00:09:24)
81 投了 ( 0:17/00:28:20)
posted by fuaishuu-diario at 23:16| Comment(1) | 練習将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
簡単に感想を書かせて頂きます。

先手かずさんの中飛車に後手しゅうさんの居飛車という対抗形ですが、先手が左金の形を早々に決めてしまう指し方はかずさんが最近よく使われている形のようです。居飛車がが穴熊なら左辺に厚みを作るということでしょうか(7.17練習将棋2局目参照)。
25手目角引きから左桂を使っていくのもその作戦の一端のようですが、本譜のように進むとしゅうさんの早繰り銀の前に左辺の銀桂が膠着してしまいます。しかし居飛車側からは▽8六歩と突いて一歩を持ってからの▽7五歩という打開があるので、振り飛車にとってあまり良い条件とは言えないかもしれません。また、角を引いてしまうと後で出てくるように2枚銀で5五の歩を狙われたときに受けにくくなる可能性もあります。
31手目▲7七桂では▲5七銀と上がれば5五の歩を守れたのでそうすべきだったかというかずさんの感想があります。ただ、その代償は玉の安全度です。この問題については後述します。あとは、後手から▽6五桂と跳んでおく手があるかもしれません。
32手目▽4四銀で2枚目の銀が出てきました。これで5五の天王山は後手のものです。▲4六角と出て受からないこともないのですが、▽8六歩から一歩もってやはり居飛車が指しやすいと思います。
33手目▲5四歩と突き捨てて▲4六角は実戦的なアヤの付け方かもしれません。▽5四同歩に▲同飛と走ると▽5五歩で飛が捕まってしまいますが、突き捨てておいて後手からの▽5五銀左を誘い、将来の▲5四飛や▲5三歩の余地を残しています。しかし居飛車ペースではあります。
進んで41手目▲5五銀と銀交換になったとき▽同歩は疑問ではないでしょうか。6四の銀の働きが鈍くなりますし、5四に空いた空間も不気味です。この後手の作戦のコツは5段目に銀を置いておいて振り飛車陣に圧力をかけることなのです。しかしこの直前の▽8七歩の垂らしが巧妙で、まだやや居飛車ペースと思います。
46手目▽6七銀成で後手好調。ただし▲4六角と逃げられてしまうのは前述の▽5五同歩の罪です。
48手目▽5六歩は強気。私はここでは▽6六成銀と引いて成銀の圧力で押さえ込めば後手良しと見ます。どこまでも圧力が大事です。本譜は一気に斬り合いになりましたが、先手の不運は囲いが美濃ではなかったことかもしれません。銀と玉が1路左に近かったので▽5七歩が厳しい1手となりました。これで居飛車が勝っているのではないかと思います。
Posted by 11sayuri26 at 2012年07月25日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。