2012年07月04日

2012.7.3 「中飛車今昔」第3回

今回は松田茂役(初名茂行。1921-1988)の棋譜を並べました。

先手:小堀清一
後手:松田茂役
1950年のB級順位戦の棋譜と言います。
*棋戦詳細:第05期順位戦B級
*「小堀清一七段」vs「松田茂役(茂行)七段」
1 2六歩(27)
2 3四歩(33)
3 7六歩(77)
4 4四歩(43)
 ツノ銀中飛車へ。
5 4八銀(39)
6 3二銀(31)
7 3六歩(37)
8 5四歩(53)
9 6八王(59)
10 5二飛(82)
11 5六歩(57)
12 6二王(51)
13 7八王(68)
14 7二王(62)
15 9六歩(97)
16 9四歩(93)
17 6八銀(79)
18 4三銀(32)
19 5八金(49)
20 6二銀(71)
 現代では美濃囲いに組む方が多いだろうか。本譜は▽6三銀の「右ツノ」を作るのを優先している。
21 6六歩(67)
22 6四歩(63)
23 6七銀(68)
24 6三銀(62)
25 1六歩(17)
 この端歩の意図するところは?誰か教えて下さい。
26 7四歩(73)
27 7七桂(89)
 奇異な形。ただし先手は角を引き角にして使えるので実際はそれほどおかしくもならない。
28 5五歩(54)
29 2五歩(26)
 なぜ▽5五同歩と取らなかったのか。
30 5六歩(55)
31 2四歩(25)
32 同 歩(23)
33 同 飛(28)
34 3二金(41)
 2筋はこれで、交換されたとしても破られはしない。
35 7九角(88)
36 2三歩打
37 2五飛(24)
 中空に引く。ただし他の引き場所も▽4四角や▽5五角の筋を考えると難しいのか?
38 7三桂(81)
39 5七歩打
 拠点を消しに行く。
40 同 歩成(56)
41 同 金(58)
 形でいえば▲同銀と取りたいが、それは▽3三桂▲2八飛▽4五桂で困る。銀が5六以外に逃げれば▽5六歩の垂らしがあり、5六に逃げれば▽5五歩で捕まってしまう。もし金なら5六に逃げて▽5五歩の時に▲4六金とスライドして大丈夫。
42 5四銀(43)
43 3七桂(29)
44 5五歩打
45 4六歩(47)
46 8二王(72)
47 4七銀(48)
48 7二金(61)
49 2九飛(25)
 中段にいては狙われやすいし、最下段にいれば受けにも良く利く。▲4七銀とのバランスが良好である。
50 5一飛(52)
 こちらも下段飛車に。5二のままでは4一と6一に割り打ちの隙がある。飛車引きは中飛車の手筋。
51 5八金(69)
52 3三角(22)
53 1五歩(16)
54 4二角(33)
55 6八金(58)
 5八に上がった金をすぐに寄せる。手損である。いかなる意味だろう?
56 2四角(42)
 この角出も難しい。以下角が細かく動く。誰か教えて下さい。
57 8八王(78)
58 8四歩(83)
59 7八金(68)
60 3三角(24)
61 8九王(88)
62 4二角(33)
 後手角の動きは手待ちではないかという意見も。
63 2六飛(29)
 これは先手の手待ちだろう。
64 6五歩(64)
 先手が中段飛車にしたのを見て、今が突きどころという感じだろうか?
65 同 歩(66)
66 同 桂(73)
67 同 桂(77)
68 同 銀(54)
69 6六歩打
70 5四銀(65)
71 5八金(57)
72 9二香(91)
 6筋の歩交換で角筋が通った。次に地下鉄飛車からの端攻めを目指す。
73 8六歩(87)
 手筋。後手の角筋を止めつつ将来▲8七金などで端を緩和する余地を作る。▽同角ならその▲8七金が角に当たる。
74 6四銀(63)
 木村美濃は崩れるが、厚みを持たせる。7五〜9七の斜めの進路が見えている。
75 4五歩(46)
 後手からの9筋攻めをまともに受けようとしても受からない。攻めに活路を見出だす。
76 同 歩(44)
77 3五歩(36)
78 7五歩(74)
 後手も突っかける。
79 4四歩打
80 5三角(42)
 ▲4五桂!(▽同銀は▲4三歩成)のような筋を緩和しておく。。
81 4三歩成(44)
 ▲4五桂は▽4四角と躱される。先に歩成を入れて銀をバックさせる。
82 同 銀(54)
83 4五桂(37)
84 7一角(53)
85 5三歩打
 後手の飛角の利きを押さえたが。
86 4四歩打
 これで先手の桂は助からない。
87 6五歩(66)
 4五の桂が生きている間に先手はどれだけの仕事ができるか。
88 同 銀(64)
89 6四桂打
90 4五歩(44)
91 5二歩成(53)
 7二の金を取るよりこちらのほうが良い。
92 同 銀(43)
93 同 桂成(64)
94 同 飛(51)
95 4一銀打
 割り打ちを実現させた。
96 6二飛(52)
97 3二銀(41)
98 6六歩打
 ▽3二飛などと面倒を見ていると、▲2三飛成で却って先手先手で攻められてしまう。2筋方面はもう放っておいて囲いを攻めるこの手が厳しい。
99 2一銀成(32)
 桂を取ることによってちょっとしたワナが生じる。
100 6七歩成(66)
101 同 金(58)
102 7四桂打
 控え桂が好手。前述のワナとは▲7四桂の王手飛車の筋だが、「敵の打ちたいところに打て」でそれも消している。
103 2三飛成(26)
104 6六桂打
 手厚く重ね打つ。
105 6八金(78)
106 7六銀(65)
107 6六金(67)
108 7七桂打
 以下は最速の寄せ。
109 同 金(68)
110 同 銀成(76)
111 8八金打
112 8七金打
113 7八歩打
114 8八成銀(77)
115 同 角(79)
116 6八金打
117 2八竜(23)
118 7八金(87)
119 9八王(89)
120 8八金(78)
 ▲同玉は▽7九角▲7七玉▽7六銀以下の即詰み、▲9七玉には必至がかかる。
121 投了

まで120手で後手の勝ち
ラベル:11sayuri26
posted by fuaishuu-diario at 14:39| Comment(0) | 中飛車今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。