2012年06月22日

6 月12日 石田流vs右四間@

 い.gif
開始図が今回のテーマです。石田流に対して右四間で対抗するというのは最近現れた指し方です。本筋感こそないですが、指されてみると案外困るということで研究テーマに選ばせていただきました。
 さて、ここからの指し手は当然7四歩だと考えていたので皆さんの第一感が6八銀だったのには少し驚きました。どうも自分の感覚が少しずれているみたいです。そんなわけでここから6八銀の手順を研究しました。
 開始図からの指し手
▲6八銀 △6五歩     ▲同 歩 △8八角成 ▲同 飛 △3三角
▲7七角 △6五銀(第一図) ▲3三角成 △同 桂 ▲7七銀 △6六銀
▲同 銀 △同 飛     ▲6八飛 △同飛成 ▲同 金 △7九飛
▲7八銀 △4八銀      ▲6九金 △4九銀成 ▲同 銀 △6七角(第二図) までで後手よし。

ろ.gif
 先手は6八銀と上がっているのが痛いところ。角交換に飛車で取るしかなく、飛車の位置がかなり悪くなってしまいました(攻めに使えない、角のラインにはいる)。3三角もそつのない利かしで第一図となると、打ち合った角が負担になっています。結局角交換しなければならず、後手の一手得になりました。
は.gif
 第一図以下、銀交換となったとき6七歩、と謝る手もありますが先手としては不満です。後手に手がありそうな展開ですが、この場合は最善かも知れません。飛車ぶつけの捌きが振り飛車らしい一着。7九飛打には7八銀打で対抗する狙いを秘めています。そのため一見後手が飛車を打つのは無理気味に見えますが、最終手6七角が妙手で後手の攻めは切れそうもありません。丁寧に攻めれば後手勝ちでしょう。結局、先程の6七歩と謝り、八筋逆襲が先手の狙いとなりそうですが、後手からも手が作れそうなので6八銀の変化は先手悪そう、が私の見解です(留井)

 
ラベル:tomei_
posted by fuaishuu-diario at 21:43| Comment(0) | 小研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。