2012年03月13日

2012.3.13 先手中飛車の練習将棋

折角先手中飛車を研究しているので、実戦投入ということで練習将棋をしました。

開始日時:2012/03/13 22:32:57
棋戦:観戦自由対局室
手合割:平手
先手:snakeboy
後手:shukyu14
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 5六歩(57) ( 1:30/00:01:30)
4 8五歩(84) ( 0:22/00:00:22)
5 7七角(88) ( 0:03/00:01:33)
6 5四歩(53) ( 0:04/00:00:26)
7 5八飛(28) ( 0:03/00:01:36)
8 6二銀(71) ( 0:02/00:00:28)
9 4八玉(59) ( 0:08/00:01:44)
10 3四歩(33) ( 0:11/00:00:39)
11 6八銀(79) ( 0:04/00:01:48)
12 4二玉(51) ( 0:01/00:00:40)
13 3八玉(48) ( 0:05/00:01:53)
14 5三銀(62) ( 0:02/00:00:42)
15 2八玉(38) ( 0:11/00:02:04)
16 6四銀(53) ( 0:02/00:00:44)
*定跡では▽7七角成▲同銀▽6四銀だった。
17 3八銀(39) ( 1:09/00:03:13)
*角交換が入っていないことを強調するなら▲6六歩と止める手もあったかと思う。消極的なようにも見えるかもしれないが、好機に▲6五歩〜▲5五歩と捌く筋もあるので、そうとも言い切れない。
18 3二玉(42) ( 0:09/00:00:53)
19 5九飛(58) ( 0:43/00:03:56)
20 9四歩(93) ( 0:26/00:01:19)
21 1六歩(17) ( 0:11/00:04:07)
22 5二金(61) ( 0:35/00:01:54)
23 1五歩(16) ( 0:28/00:04:35)
*前手▽5二金右により後手陣には▲2二角成▽同銀▲7一角の隙ができた。但しいざやってみると、先手陣にも▽8八角の隙があるため、どうだろうか。
24 6五銀(64) ( 0:37/00:02:31)
*悪手。この場合は▲2二角成で受かってしまうだけでなく、銀が不安定で攻撃目標になってしまう。ただし、互いの角が直通していない形(例えば後手のゴキゲン中飛車で▽5五歩と位をとっている形)では有力な攻めである。ここでは▽4四歩と止めておいて、次に▽4五銀を見せ、場合によっては居飛穴にしてしまうのが実戦的だったかもしれない。
25 2二角成(77) ( 0:35/00:05:10)
26 2二銀(31) ( 0:05/00:02:36)
27 7七銀(68) ( 0:06/00:05:16)
28 7四銀(65) ( 1:41/00:04:17)
29 7八金(69) ( 0:13/00:05:29)
*▲7七銀、▲7八金と落ち着いている。
30 4四歩(43) ( 0:14/00:04:31)
*これはまずかった。
31 7一角打 ( 0:03/00:05:32)
32 6二飛(82) ( 0:28/00:04:59)
33 6二角成(71) ( 0:30/00:06:02)
34 6二金(52) ( 0:03/00:05:02)
35 8二飛打 ( 0:02/00:06:04)
36 7二角打 ( 0:16/00:05:18)
37 5五歩(56) ( 0:41/00:06:45)
38 5五歩(54) ( 0:34/00:05:52)
39 5五飛(59) ( 0:03/00:06:48)
*▲6六銀などという手もあるかもしれない。
40 6四歩(63) ( 0:12/00:06:04)
41 7二飛成(82) ( 1:15/00:08:03)
42 7二金(62) ( 0:25/00:06:29)
43 5四角打 ( 0:02/00:08:05)
*さすがに投了せざるを得ない。
44 投了 ( 0:10/00:06:39)

posted by fuaishuu-diario at 23:43| Comment(0) | テ研:先手中飛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。