2011年12月30日

2011.12.30 自選好局解説 tsukapon21A

開始日時:2011/12/17 0:21:45
棋戦:レーティング対局室(早指2)
手合割:平手  
先手:tsukapon21
後手:***
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:01/00:00:01)
2 3四歩(33) ( 0:01/00:00:01)
3 2六歩(27) ( 0:03/00:00:04)
4 4四歩(43) ( 0:02/00:00:03)
5 4八銀(39) ( 0:01/00:00:05)
6 4二飛(82) ( 0:02/00:00:05)
*本局は▲居飛車対▽四間飛車に。
7 6八玉(59) ( 0:03/00:00:08)
8 6二玉(51) ( 0:02/00:00:07)
9 7八玉(68) ( 0:02/00:00:10)
10 7二銀(71) ( 0:01/00:00:08)
11 5六歩(57) ( 0:02/00:00:12)
12 7一玉(62) ( 0:02/00:00:10)
13 5七銀(48) ( 0:03/00:00:15)
*持久戦模様の手。
14 3二銀(31) ( 0:01/00:00:11)
15 7七角(88) ( 0:06/00:00:21)
16 3三角(22) ( 0:02/00:00:13)
17 5八金(49) ( 0:02/00:00:23)
18 5二金(41) ( 0:02/00:00:15)
19 8八玉(78) ( 0:01/00:00:24)
20 6四歩(63) ( 0:01/00:00:16)
21 2五歩(26) ( 0:08/00:00:32)
22 7四歩(73) ( 0:02/00:00:18)
23 9八香(99) ( 0:08/00:00:40)
24 7三桂(81) ( 0:03/00:00:21)
*▲6六銀型穴熊を許さない意味で必要な手。
25 6六歩(67) ( 0:02/00:00:42)
26 4五歩(44) ( 0:02/00:00:23)
27 6七金(58) ( 0:07/00:00:49)
*悪手。▲9九玉と指さないと▽8五桂〜6五歩で困る。
28 6三金(52) ( 0:10/00:00:33)
29 9九玉(88) ( 0:03/00:00:52)
30 4三銀(32) ( 0:01/00:00:34)
31 8八銀(79) ( 0:03/00:00:55)
32 4四銀(43) ( 0:02/00:00:36)
33 3六歩(37) ( 0:01/00:00:56)
*▽3五銀を防ぐ。対して▽3五歩にはいつでも▲3八飛(2六飛)として▽3六歩▲同飛▽3五歩▲2六飛とし、次に▲3四歩が残る。
34 8二玉(71) ( 0:02/00:00:38)
35 7八金(69) ( 0:30/00:01:26)
36 9四歩(93) ( 0:03/00:00:41)
*自然に見えるが疑問。ここは▽5四歩とすべきだった。理由は次譜で分かる。
37 6八銀(57) ( 0:06/00:01:32)
38 5四歩(53) ( 0:03/00:00:44)
39 7九銀(68) ( 0:02/00:01:34)
*後手の攻めの手が1手遅れているため▲7九銀右が間に合った。一般に松尾流穴熊は6六銀型穴熊に引けを取らないほど堅く、角の動きがスムーズで、端攻めにも強い。プロではこれに組めれば勝率8割と言われている。
40 5五歩(54) ( 0:12/00:00:56)
*この仕掛けは6八銀型でしたい所だが、黙っていても先手に角を使われる。本譜の後手の形は中途半端で、▽9四歩と▲7九銀右の交換は先手に有利に働いているだろう。前述の8二玉・6三金・9三歩型か、もしくは7一玉・5二金・9五歩型(端攻めを狙う)が考えられる。
41 同 歩(56) ( 0:24/00:01:58)
42 4六歩(45) ( 0:12/00:01:08)
43 同 歩(47) ( 0:22/00:02:20)
44 5五銀(44) ( 0:23/00:01:31)
45 2四歩(25) ( 0:02/00:02:22)
46 同 歩(23) ( 0:08/00:01:39)
47 3五歩(36) ( 0:12/00:02:34)
48 4六飛(42) ( 0:26/00:02:05)
49 3四歩(35) ( 0:06/00:02:40)
50 4四角(33) ( 0:34/00:02:39)
51 2四飛(28) ( 0:06/00:02:46)
52 2二歩打 ( 0:03/00:02:42)
53 2五飛(24) ( 0:40/00:03:26)
*▽5五歩から定跡通りの応酬。
54 8五桂(73) ( 0:29/00:03:11)
*悪手か。ここでは▽4五歩と打つ手が多く指されている。
55 6八角(77) ( 0:29/00:03:55)
*このような時に角を引けるのが6八銀型との違いで、これは先手が良くなった。
56 4九飛成(46) ( 0:16/00:03:27)
57 4五歩打 ( 0:16/00:04:11)
*▲5六歩から8五桂を抜く手も考えられるが、端歩が伸びていない(端攻めがない)のでその必要はないと見た。
58 6二角(44) ( 0:14/00:03:41)
59 5六歩打 ( 0:34/00:04:45)
60 4六銀(55) ( 0:18/00:03:59)
61 2二飛成(25) ( 0:27/00:05:12)
62 5七歩打 ( 0:10/00:04:09)
63 同 金(67) ( 0:13/00:05:25)
64 同 銀成(46) ( 0:05/00:04:14)
65 同 角(68) ( 0:01/00:05:26)
66 5八歩打 ( 0:34/00:04:48)
67 2一龍(22) ( 0:11/00:05:37)
68 5九歩成(58) ( 0:06/00:04:54)
69 5五桂打 ( 0:04/00:05:41)
70 7一金打 ( 0:21/00:05:15)
71 6三桂成(55) ( 0:29/00:06:10)
72 同 銀(72) ( 0:04/00:05:19)
73 1一龍(21) ( 0:17/00:06:27)
74 6九と(59) ( 0:08/00:05:27)
75 1三角成(57) ( 0:15/00:06:42)
*最善は筋の▲6五歩だろう。
76 4六桂打 ( 0:19/00:05:46)
77 6五歩(66) ( 0:30/00:07:12)
78 7九と(69) ( 0:10/00:05:56)
79 同 金(78) ( 0:06/00:07:18)
80 8四角(62) ( 0:15/00:06:11)
*次に▽6六角を狙った手で、そうなると一気に逆転してしまう。
81 6九香打 ( 0:23/00:07:41)
*▽6六角を防ぎつつ、4九竜の利きを遮断し、攻めにも利かした一石三鳥の好打。
82 6五歩(64) ( 0:37/00:06:48)
83 6四歩打 ( 0:36/00:08:17)
84 7二銀(63) ( 0:06/00:06:54)
85 8六歩(87) ( 0:27/00:08:44)
86 5八桂成(46) ( 0:37/00:07:31)
87 8五歩(86) ( 0:29/00:09:13)
88 9三角(84) ( 0:19/00:07:50)
89 6五香(69) ( 0:25/00:09:38)
90 6六角(93) ( 0:18/00:08:08)
91 5五銀打 ( 0:02/00:09:40)
92 8八角成(66) ( 0:25/00:08:33)
93 同 金(79) ( 0:15/00:09:55)
94 6二歩打 ( 0:04/00:08:37)
95 6三歩成(64) ( 0:27/00:10:22)
96 同 歩(62) ( 0:04/00:08:41)
97 6二歩打 ( 0:29/00:10:51)
98 7九銀打 ( 0:25/00:09:06)
99 同 馬(13) ( 0:17/00:11:08)
*穴熊らしい手。玉は隅に置いたままで紛れをなくす。
100 同 龍(49) ( 0:04/00:09:10)
101 7八金打 ( 0:01/00:11:09)
102 6八成桂(58) ( 0:25/00:09:35)
103 7九金(78) ( 0:20/00:11:29)
104 同 成桂(68) ( 0:03/00:09:38)
105 4六角打 ( 0:30/00:11:59)
106 7八銀打 ( 0:29/00:10:07)
107 6六銀(55) ( 0:18/00:12:17)
108 6四歩(63) ( 0:18/00:10:25)
109 同 角(46) ( 0:22/00:12:39)
110 9三玉(82) ( 0:36/00:11:01)
111 9一角成(64) ( 0:21/00:13:00)
112 9二金打 ( 0:33/00:11:34)
113 4六馬(91) ( 0:30/00:13:30)
114 6九角打 ( 0:27/00:12:01)
115 8六飛打 ( 0:24/00:13:54)
116 8九銀成(78) ( 0:52/00:12:53)
117 同 金(88) ( 0:04/00:13:58)
118 8七桂打 ( 0:24/00:13:17)
119 同 飛(86) ( 0:28/00:14:26)
120 8九成桂(79) ( 0:18/00:13:35)
121 同 飛(87) ( 0:07/00:14:33)
122 7八角成(69) ( 0:17/00:13:52)
123 7九銀打 ( 0:27/00:15:00)
124 8九馬(78) ( 0:22/00:14:14)
125 同 玉(99) ( 0:01/00:15:01)
126 4九飛打 ( 0:10/00:14:24)
127 5七馬(46) ( 0:24/00:15:25)
128 2九飛成(49) ( 0:07/00:14:31)
129 7七銀(66) ( 0:21/00:15:46)
130 8二玉(93) ( 0:16/00:14:47)
131 5五角打 ( 0:27/00:16:13)
*ここで後手投了となった。全131手。
132 投了 ( 0:04/00:14:51)
まで131手で先手の勝ち
posted by fuaishuu-diario at 00:00| Comment(0) | 自選好局解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。