2012年04月10日

2012.4.10 「中飛車今昔」第2回

11sayuri26記

とめいさんの「いつもと違うことをやりたい」という発言に乗じて忘れ去られていた企画を発掘。前回は木村義雄の棋譜を並べたので、今回は大野源一(1911〜1979)の棋譜を並べた。

1局目
開始日時:1947/00/00
棋戦:順位戦
戦型:中飛車
持ち時間:7時間
手合割:平手

先手:萩原淳
後手:大野源一

手数----指手--
*放映日:1947/02/01-10
*棋戦詳細:第01期順位戦A級同率決戦
*「萩原 淳八段」vs「大野源一八段」
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 5四歩(53)
*現代だとゴキゲン中飛車の出だし。しかしこの時代は対して▲2五歩には▽5五歩▲2四歩▽同歩▲同飛▽3二金の力戦中飛車に進行するのが定跡だった。
5 5六歩(57)
6 6二銀(71)
*▽8八角成▲同銀▽5七角と馬を作る手もある。現代ではそれで後手指しやすいかと言われている。よって、5手目には▲2五歩が殆どである。
7 2五歩(26)
8 5三銀(62)
*前手▽6二銀から、右銀を繰り出す。現代では中飛車というと振り飛車で美濃囲いに囲うから、右銀を繰り出すことは基本的にないが、昔は「居飛車の中飛車」と「振り飛車の中飛車」があったのではないか?
9 4八銀(39)
10 4四銀(53)
11 2四歩(25)
12 同 歩(23)
13 同 飛(28)
14 3二金(41)
15 2八飛(24)
16 2三歩打
17 5七銀(48)
18 5五歩(54)
19 同 歩(56)
20 同 銀(44)
21 5六歩打
22 4四銀(55)
23 6六歩(67)
24 5二飛(82)
25 6八銀(79)
*中央を受けに行く。
26 5五歩打
27 6七銀(68)
28 5六歩(55)
29 同 銀(67)
*先手の形もあまり良いとはいえないと思う。
30 4二銀(31)
31 6八王(59)
32 5五歩打
33 6七銀(56)
34 4五銀(44)
35 5八飛(28)
36 6四歩(63)
37 7八王(68)
38 6二金(61)
39 4六歩(47)
40 5四銀(45)
41 7五歩(76)
42 6三金(62)
*後手は金銀三枚を押し上げる構想。4二の銀が5三〜4四と出てきた例もある筈だ。なんとなく中原流急戦矢倉を想起させる。
43 7六銀(67)
44 4一王(51)
45 6八金(69)
46 7二飛(52)
*先手の玉頭位取りを逆襲。これが受けにくい。
47 5六歩打
48 7四歩(73)
49 同 歩(75)
50 同 金(63)
51 5五歩(56)
52 同 銀(54)
53 5六歩打
54 4四銀(55)
55 2八飛(58)
56 8五金(74)
57 7七歩打
58 7六金(85)
59 同 歩(77)
60 同 飛(72)
61 7七金(68)
62 7二飛(76)
63 5八金(49)
64 5三銀(44)
65 6七金(58)
66 5四銀(53)
*銀を繰り替える。後手陣は好形で、歩得もしている。先手陣は悪形だ。会員の意見も後手優勢で一致。
67 7六歩打
68 6二飛(72)
69 9六歩(97)
70 9四歩(93)
71 7五歩(76)
*▽7三桂からの攻めをまともに食うようでは倒れてしまうから、プレッシャーをかけたのだろう。
72 5八歩打 
*軽妙な利かし。
73 同 飛(28)
*先手は玉飛接近形にさせられてしまった。4七の空間も気になる。
74 6五歩(64)
75 7四歩(75)
*ここで次の一手クイズを出した。▽7六歩(▲同金直で残念ながら効果がなさそう)、▽5五歩(▲同歩▽同銀▲6五歩となると攻めても後手玉への反動も厳しそう)が上がったが・・・
76 6四銀打
*手厚い!
77 6五歩(66)
78 同 銀(54)
79 6六歩打
80 7四銀(65)
81 6八銀(57)
82 7三桂(81)
*これで後手は飛角銀銀桂の攻撃態勢が完成。もはや受けることは不可能である。
83 5五歩(56)
84 6五歩打
85 5四歩(55)
*5筋を伸ばしてアヤを求めるが。
86 5七歩打
87 同 飛(58)
88 5二歩打
*前手▽5七歩が巧妙な利かし。利かしてから受ける。
89 5九飛(57)
*先手は飛の形を直したが、手番が後手に渡る。すると後手はほぼ0手で▽5二の盤石の受けを指せたことになる。85手目▲5四歩までの局面から後手がすぐに攻めることを考えてみると、本譜の方が随分後手にとって安全であるとわかる。
90 5五銀(64)
91 6五歩(66)
92 同 桂(73)
93 7三金打
94 6四飛(62)
95 6六歩打
96 7七桂成(65)
97 同 銀(68)
98 7五銀(74)
99 9七角(88)
100 6六銀(55)
101 同 銀(77)
102 同 角(22)
103 同 金(67)
104 同 飛(64)
105 6七歩打
106 7六金打
*飛を逃げない。
107 5六銀打 
*▲6六歩と飛を取るのは▽6七銀▲8八玉▽8七金▲同玉▽7六銀上以下詰みなので頑張るが。
108 6九銀打
*とどめの一撃。
109 同 飛(59)
*▲同玉は▽6七飛成で詰む。
110 5六飛(66)
111 6八銀打
112 8七金(76)
*以下は▲同玉▽7六銀からの詰み。ここで投了となった。

まで112手で後手の勝ち

2局目
開始日時:1962/08/30
棋戦:順位戦
戦型:中飛車

持ち時間:7時間

手合割:平手

先手:大野源一
後手:二上達也

手数----指手---
*棋戦詳細:第17期順位戦A級
*「大野源一八段」vs「二上達也八段」
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 5六歩(57)
*先手中飛車の構え。
4 8五歩(84)
5 7七角(88)
6 3四歩(33)
*現代では5筋の位を許さない▽5四歩が多い。
7 5五歩(56)
8 6二銀(71)
9 6八銀(79)
10 4二銀(31)
11 5八飛(28)
12 4四歩(43)
13 5七銀(68)
14 4三銀(42)
15 5六銀(57)
16 4二王(51)
17 4八王(59)
18 5二金(61)
19 3八銀(39)
20 7四歩(73)
21 3九王(48)
22 7三銀(62)
23 4六歩(47)
24 6四銀(73)
25 2八王(39)
26 3二王(42)
*4二玉型のままではさすがに仕掛けられない。
27 5九角(77)
28 7五歩(74)
29 同 歩(76)
30 7二飛(82)
31 4八角(59)
32 4二金(41)
*突き捨ててからじっと金を上がる。プロの呼吸である。
33 7八飛(58)
34 4五歩(44)
35 同 歩(46)
36 5四歩(53)
37 4四歩(45)
38 同 銀(43)
39 5四歩(55)
40 5五歩打
41 4七銀(56)
42 4五銀(44)
43 7六飛(78)
44 5四銀(45)
45 7七桂(89)
*先手陣は軽やかである。いつの間にか石田流のような形になった。
46 4三金(52)
47 5八金(69)
48 4四角(22)
49 1六歩(17)
50 1四歩(13)
51 8六歩(87)
52 5三角(44)
53 8五歩(86)
54 7五銀(64)
55 同 角(48)
*強手。
56 同 角(53)
57 6六銀打
*これで角を取り返せる。
58 7四歩打
59 7三歩打
*ここからの捌きが巧妙。まずは一本叩いておいて・・・
60 同 飛(72)
61 4四歩打
62 同 金(43)
63 7五銀(66)
64 同 歩(74)
65 6六飛(76)
*59手目の▲7三歩の効果でこの局面は▲6二角(飛金両取り)の先手になっている。
66 7四飛(73)
67 6二角打
68 4三金(44)
69 4四歩打
70 5三金(43)
71 同 角成(62)
72 同 金(42)
73 6五金打
74 同 銀(54)
75 同 桂(77)
*角銀交換の駒損ながら、先手は全ての駒が捌けているし、玉も堅いので優勢。
76 5二金(53)
77 5四歩打
78 同 飛(74)
79 4三銀打
80 同 金(52)
81 同 歩成(44)
82 同 王(32)
83 5三金打
84 同 飛(54)
85 同 桂成(65)
86 同 王(43)
87 5一飛打
*後手の駒台は溢れんばかりだが、玉の安全度は比べるべくもない。
88 5二銀打
89 2一飛成(51)
90 7四桂打
91 2六飛(66)
92 6四王(53)
93 1一竜(21)
94 3五金打
95 2三飛成(26)
96 7六歩(75)
97 8一竜(11)
98 7七歩成(76)
99 8四竜(81)
100 6五王(64)
101 8八桂打
*入玉を狙った後手だが、これが巧い決め手だった。以下▽同とは▲7七香で受けにくい。
*本局は久保九段が名局と絶賛した将棋である。

まで101手で先手の勝ち
posted by fuaishuu-diario at 00:00| Comment(0) | 中飛車今昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。