2012年04月04日

2012.4.2 練習将棋 てでぃvsしゅうさん

※本局はとめいさんの終盤講座があった後に行われたものです。皆さんの棋力upの一助になればと思い、少し細かく辛めに注釈を付けさせてもらいました。(しゅうさんゴメンナサイ;;) byテディ












終了日時:2012/04/04 01:49:51
棋戦:自由対局室(早指2)
手合割:四枚落ち
下手:shukyu14
上手:tdgqr730
手数----指手---------消費時間--
1 6二銀(71) ( 0:12/00:00:12)
2 7六歩(77) ( 0:08/00:00:08)
3 5四歩(53) ( 0:02/00:00:14)
4 4六歩(47) ( 0:02/00:00:10)
5 5三銀(62) ( 0:06/00:00:20)
*上手はバランスよく銀を中央に配置する。
*
*他には△6四歩〜△6三銀という形もあり、以下△5四銀と出て腰掛け銀に進展する。
*
*基本的に上手は金銀を歩の後ろから出すのがコツ。でないと歩が切れなくなり、手を作りにくくなる。
6 4五歩(46) ( 0:01/00:00:11)
*△4四歩を拒否する。以下、▲3六歩〜3五歩として△2二銀と壁形を強要し、上手の駒組みを制限するのは二枚落ちではよくある手法。
*
*もちろん四枚落ちにも応用できるが、下手は角が空成りになるのが損ではある。
7 7二金(61) ( 0:15/00:00:35)
*二枚落ちでは△6二金が多いが、端の薄さを考えて7二に上がる。この辺、大差がないようだが意味がある。
8 1六歩(17) ( 0:13/00:00:24)
*3筋を突いてくるものと思っていたので、この手には正直ビックリした。しかし、端の薄さを強調して上手の駒組みを制限する意味では相当である。
9 7四歩(73) ( 0:22/00:00:57)
*将来7三桂を跳ねる余地を作るために、ここは突いておきたい。
10 4八銀(39) ( 0:08/00:00:32)
11 7三金(72) ( 0:08/00:01:05)
*7筋から金を出て8四と6四どちらにも行けるように進める。
12 6八銀(79) ( 0:12/00:00:44)
13 6四歩(63) ( 0:09/00:01:14)
14 7七銀(68) ( 0:02/00:00:46)
*矢倉の形に組む。
*
*これでももちろん一局なのでが、厳密にいうと6八に置いておいて以下▲7八金〜6九玉とカニ囲いにした方が理にかなっていると言える。
*
*なぜならば、▲7七銀は8筋の飛車先交換を防ぐ手であるが、上手としては7、6、5筋を制圧して制空権を握りたいからである。すなわち、下手に8筋の守りは必要なく、角頭を守る▲7八金だけで十分。▲7七銀は7八金の役割と重複するから、効率が悪いのである。
*
*加えて6八銀型なら▲6六歩〜6七銀と雁木に組む余地もあり、6七銀型にした方が7七銀型よりバランスは断然よい。
15 5二玉(51) ( 0:24/00:01:38)
16 1五歩(16) ( 0:13/00:00:59)
17 2二銀(31) ( 0:11/00:01:49)
*上手としてはあまり指したくないのだが、▲1四歩を見せられては備えるしかない。
18 5六歩(57) ( 0:12/00:01:11)
19 6三玉(52) ( 0:18/00:02:07)
*上手は6三が玉の定位置。上手は玉を守るのでなく、玉で守る。
20 5七銀(48) ( 0:12/00:01:23)
*この形では4七に上がるのがより良いと思われる。この形では6六に銀が二枚利いているので駒の効率が悪いし、4七に穴が出来ている。
*
*4七銀型の方が▲3七桂とした時に3六を守れているし、バランスが良い。
21 3二金(41) ( 0:10/00:02:17)
*△4二金の方が中央に厚いので迷ったが、浮き駒を無くしておきたいとの判断。。
22 3六歩(37) ( 0:14/00:01:37)
*▲3七桂の余地を作って妥当な手。
23 8四歩(83) ( 0:09/00:02:26)
*△8四金と出たいが、▲8六銀と対応されると上手は身動きできなくなる。以下△8五歩〜△8四金として7筋の歩を切る手を狙う。
*
*駒組みを進展させるには△6五歩〜6四金の形もあるが、さすがに6筋は下手が厚いので突きづらい。
24 8六銀(77) ( 0:11/00:01:48)
*8筋を押さえて駒組を制限する手だが、やや偏って見える。
25 6五歩(64) ( 0:20/00:02:46)
*駒組を進展させる意味だが、5七銀がいるので良くなかった。
*
*他の案としては△8三金〜△7三桂〜△8五歩として銀を追い払うのが有力。
26 6六歩(67) ( 0:18/00:02:06)
*位取りに対して反発していく。
27 同 歩(65) ( 0:30/00:03:16)
28 同 銀(57) ( 0:02/00:02:08)
29 6四歩打 ( 0:17/00:03:33)
*本当は打ちたくないのだが、逆に▲6五歩と押さえられると以下▲7五歩から攻め込まれてしまう。手損になっても拠点を作らせてはいけない。
30 6八玉(59) ( 0:31/00:02:39)+
*この将棋は縦の戦いになるので、二段目に玉が上がるのは良くない。対振り飛車では横の戦いになるので、6八〜7八のルートで玉を移動させるが、相居飛車や駒落ちでは当たりが強くなる。
*
*ここでは▲6八金が場合の囲い方。
31 3四歩(33) ( 0:06/00:03:39)
*角の睨みは気になるが、右辺の金銀を使わないと打開できないとの判断。下手が玉の守りに手をかけているうちに、上手も動いていきたいところ。
32 5八金(49) ( 0:09/00:02:48)
33 3三銀(22) ( 0:15/00:03:54)
*上手は、ここではもう1筋は放棄して中央で勝負するつもりでいる。
34 3七桂(29) ( 0:14/00:03:02)
35 4四歩(43) ( 0:04/00:03:58)
*▲同歩なら△3五歩とはずみを付けて動いていく狙い。
36 4八飛(28) ( 0:23/00:03:25)
*戦場に主砲を転戦させ、良い手である。
37 4三金(32) ( 0:15/00:04:13)+
*上手の3〜5筋の金銀の形は厳密にはあまり良くないのだが、厚みを作らないと勝負形にならない。
*
*他には△3五歩もあったか。
38 4四歩(45) ( 0:28/00:03:53)
39 同 銀(33) ( 0:06/00:04:19)
40 4五歩打 ( 0:06/00:03:59)
41 3三銀(44) ( 0:04/00:04:23)
42 5五歩(56) ( 0:04/00:04:03)
*4五の位が大きく、突破は時間の問題。ただし、下手は玉形が悪いのが気がかりで、上手としてはそこを突いてねじり合いに持っていきたい。
43 3五歩(34) ( 0:27/00:04:50)
*▲4七金と上がってくれれば飛車先が重くなることを期待した。本譜は上手の注文が通り、若干中央の圧力が緩和された。
44 4七金(58) ( 0:26/00:04:29)+
45 5五歩(54) ( 0:13/00:05:03)
46 同 銀(66) ( 0:30/00:04:59)
47 6五歩(64) ( 0:26/00:05:29)
*玉頭の歩を伸ばしながら6四に金駒の応援を利くようにする。6六に駒を打って角道を遮断する余地もある。
48 3五歩(36) ( 0:27/00:05:26)
49 5四歩打 ( 0:08/00:05:37)
*本当は自分から打ちたくないが、▲5六金とされると勝てないので催促する。
50 4四銀(55) ( 0:25/00:05:51)
51 同 銀(33) ( 0:05/00:05:42)
52 同 歩(45) ( 0:04/00:05:55)
53 同 金(43) ( 0:05/00:05:47)
54 5六金(47) ( 0:31/00:06:26)
55 5五銀打 ( 0:47/00:06:34)
*ゴツっと打ちつけて、局中は少し手応えを感じていた。
*
*上手としては、持ち駒を駒台に温存するよりも盤上に置いて複雑にしていくのがコツ。
56 6五金(56) ( 0:21/00:06:47)
57 4六歩打 ( 0:39/00:07:13)
*飛車の封じ込めに成功。ただ、▲4五歩も残っていてまだ楽観はできない。
58 7五歩(76) ( 1:19/00:08:06)+
*この手は緩かった。やはり上手が守っている所に突っかけているので、やや急所を外している。
*
*▲4五歩と4筋5筋に働きかけるのが、最後のチャンスだったようだ。
59 3六歩打 ( 0:23/00:07:36)
*この一手が入り、勝ちを意識した。
60 7四歩(75) ( 0:29/00:08:35)
61 同 金(73) ( 0:08/00:07:44)
62 同 金(65) ( 0:27/00:09:02)
63 同 玉(63) ( 0:02/00:07:46)
64 5二銀打 ( 0:32/00:09:34)
65 6六歩打 ( 0:14/00:08:00)
*▲5二銀は鋭い手だったが、このように大駒を二枚とも抑え込まれては駒落ちでは大抵勝てないとしたものである。
*
*以下、上手は危なげなく勝ち切った。
66 7五歩打 ( 0:25/00:09:59)
67 6五玉(74) ( 0:27/00:08:27)
68 7七桂(89) ( 0:29/00:10:28)
69 7六玉(65) ( 0:07/00:08:34)
70 7八金(69) ( 0:31/00:10:59)
71 6七金打 ( 0:25/00:08:59)
72 7九玉(68) ( 0:18/00:11:17)
73 3七歩成(36) ( 0:06/00:09:05)
74 6三銀成(52) ( 0:31/00:11:48)
75 4八と(37) ( 0:10/00:09:15)
76 5三成銀(63) ( 0:21/00:12:09)
77 7八金(67) ( 0:18/00:09:33)
78 同 玉(79) ( 0:03/00:12:12)
79 6七歩成(66) ( 0:02/00:09:35)
80 8九玉(78) ( 0:05/00:12:17)
81 7八金打 ( 0:02/00:09:37)
82 9八玉(89) ( 0:06/00:12:23)
83 8八金(78) ( 0:02/00:09:39)
84 同 玉(98) ( 0:01/00:12:24)
85 6八飛打 ( 0:02/00:09:41)
86 投了 ( 0:01/00:12:25)
まで85手で上手の勝ち

変化:58手
58 4五歩打 ( 0:03/00:06:50)
59 3五金(44) ( 0:03/00:07:16)
60 5五金(65) ( 0:01/00:06:51)
61 同 歩(54) ( 0:00/00:07:16)
62 同 角(88) ( 0:02/00:06:53)
63 5六金打 ( 0:04/00:07:20)
64 2二角成(55) ( 0:05/00:06:58)
65 4七歩成(46) ( 0:02/00:07:22)
66 1八飛(48) ( 0:01/00:06:59)


変化:44手
44 5四歩(55) ( 0:29/00:04:32)
45 同 銀(53) ( 0:01/00:04:51)
46 5五銀(66) ( 0:00/00:04:32)


変化:37手
37 3五歩(34) ( 0:01/00:03:59)
38 2五桂(37) ( 0:11/00:03:36)
39 3四銀(33) ( 0:02/00:04:01)
40 4四歩(45) ( 0:03/00:03:39)
41 3六歩(35) ( 0:01/00:04:02)


変化:30手
30 7八飛(28) ( 0:03/00:02:11)
31 4二金(32) ( 0:12/00:03:45)
32 7五歩(76) ( 0:01/00:02:12)
33 同 歩(74) ( 0:00/00:03:45)
34 6五歩打 ( 0:01/00:02:13)
35 同 歩(64) ( 0:01/00:03:46)
36 同 銀(66) ( 0:00/00:02:13)
37 6四歩打 ( 0:01/00:03:47)
38 7四歩打 ( 0:01/00:02:14)
posted by fuaishuu-diario at 02:05| Comment(2) | 練習将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。