2012年04月20日

2012.4.20 講座:好形・悪形 其の1

序盤を考える上で知っておきたい好形・悪形がある。今回は二駒間の関係を中心に考えてみる。

さて、悪形の代表格といえば「玉飛接近形」だろう。だが好形はというと意外にわからない。そこでいくつか例を挙げてみた。

@二枚金の好形
二枚金は縦、または横に並ぶ形が、お互いに紐がついていて堅固である。斜めに連結していると、下側の金が浮いてしまう。

A二枚銀の好形
上項からするに二枚銀は斜めに繋がっているのが好形のようだが、この場合は、上側の銀の後ろ、下側の銀の横が共通の弱点になってしまう。二枚銀の場合も縦または横に並ぶのが好形で、この連結自体は堅いものではないが、隙のなさが特長である。
000.gif001.gif
(これらの図はあくまで二駒の位置関係だけを示しており、「金が7八と7七に居るのが好形」などということを示しているわけではありません)

002.gif
「悪形」としましたが、これはあくまで上記の理論のみに基づいて考えた場合であります。「好形」に関しても同様なことがいえるでしょう。実戦では様々な要素が絡み合うので、総合的に考えなくてはなりません。

B金銀の好形
銀の斜め後ろに金のある形、金の後ろに銀がある形が堅い。後者は金の斜め後ろ、銀の横が盲点になってしまうが、例えばここに相手のと金が来ても銀を逃げられるので斜めに繋がった二枚銀のときほどは痛くない。
003.gif
銀の斜め後ろに金がある形は、美濃系の囲いの堅さの秘訣だろう。

C飛金の好形
特に下段飛車で、前に1マス横に2マスのところにきんがあるのが良い(言葉での説明はなかなか難しいので図を見て下さい)。
004.gif
ご覧の通り、飛の弱点である斜め前を金がカバーし、金の弱点である斜め後ろを飛がカバーしている。

取りあえず今回はここまで。
堅い好形(@B)とバランスの良い/隙がない好形(AC)に区別できることはおわかり頂けると思う。実戦ではこれらを組み合わせていくことを考えたい。そうやって組み立てた陣形の例を挙げる。
005.gif006.gif000.gif
例1と例2は二枚銀の好形を含んでいるが、前述の通り二枚銀は堅いというよりは「手厚い」ので、陣形の上部に配置し、玉の最側近には金をおいている。
posted by fuaishuu-diario at 00:00| Comment(0) | 小研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

2012.4.15 練習将棋

開始日時:2012/04/15 23:18:19
棋戦:自由対局室
手合割:平手
先手:tdgqr730
後手:11sayuri26
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:12/00:00:12)
2 8四歩(83) ( 0:52/00:00:52)
3 6八銀(79) ( 0:51/00:01:03)
4 3四歩(33) ( 0:05/00:00:57)
5 6六歩(67) ( 0:08/00:01:11)
6 6二銀(71) ( 0:01/00:00:58)
7 5六歩(57) ( 0:05/00:01:16)
8 5四歩(53) ( 0:03/00:01:01)
9 7八金(69) ( 0:13/00:01:29)
10 4二銀(31) ( 0:12/00:01:13)
11 4八銀(39) ( 0:08/00:01:37)
12 3二金(41) ( 0:06/00:01:19)
13 3六歩(37) ( 0:04/00:01:41)
14 8五歩(84) ( 0:08/00:01:27)
15 7七角(88) ( 0:03/00:01:44)
16 7四歩(73) ( 0:17/00:01:44)
17 6七銀(68) ( 0:15/00:01:59)
18 6四歩(63) ( 0:04/00:01:48)
19 4六歩(47) ( 0:17/00:02:16)
20 6三銀(62) ( 0:02/00:01:50)
21 4七銀(48) ( 0:14/00:02:30)
22 7三桂(81) ( 0:02/00:01:52)
23 4八金(49) ( 0:24/00:02:54)
24 6二金(61) ( 0:02/00:01:54)
25 3七桂(29) ( 0:07/00:03:01)
26 8一飛(82) ( 0:02/00:01:56)
27 2九飛(28) ( 0:04/00:03:05)
28 6一玉(51) ( 0:01/00:01:57)
29 9六歩(97) ( 0:06/00:03:11)
30 9四歩(93) ( 0:09/00:02:06)
31 4九玉(59) ( 0:13/00:03:24)
32 1四歩(13) ( 0:04/00:02:10)
33 3八玉(49) ( 0:05/00:03:29)
34 1五歩(14) ( 0:03/00:02:13)
35 2六歩(27) ( 0:10/00:03:39)
36 7二玉(61) ( 0:03/00:02:16)
37 9八香(99) ( 0:09/00:03:48)
38 1二香(11) ( 0:02/00:02:18)
39 4五歩(46) ( 0:16/00:04:04)
40 5三銀(42) ( 0:09/00:02:27)
41 6九飛(29) ( 1:20/00:05:24)
42 4四歩(43) ( 0:06/00:02:33)
43 4四歩(45) ( 0:04/00:05:28)
44 4四銀(53) ( 0:17/00:02:50)
45 4五歩打 ( 0:03/00:05:31)
46 4五銀(44) ( 0:02/00:02:52)
47 4五桂(37) ( 0:04/00:05:35)
48 4四歩打 ( 0:01/00:02:53)
49 9五歩(96) ( 0:48/00:06:23)
50 9五歩(94) ( 0:05/00:02:58)
51 9五香(98) ( 0:04/00:06:27)
52 9四歩打 ( 0:06/00:03:04)
53 9四香(95) ( 0:05/00:06:32)
54 9四香(91) ( 0:02/00:03:06)
55 9五歩打 ( 0:01/00:06:33)
56 9五香(94) ( 0:46/00:03:52)
57 9五角(77) ( 0:05/00:06:38)
58 4五歩(44) ( 0:01/00:03:53)
59 9四歩打 ( 0:19/00:06:57)
60 4一飛(81) ( 0:15/00:04:08)
61 9三歩成(94) ( 0:10/00:07:07)
62 4六香打 ( 1:49/00:05:57)
63 5八銀(67) ( 0:08/00:07:15)
64 9二歩打 ( 0:46/00:06:43)
65 9二と(93) ( 0:38/00:07:53)
66 6五歩(64) ( 0:31/00:07:14)
67 4二歩打 ( 0:12/00:08:05)
68 4二金(32) ( 0:17/00:07:31)
69 6五歩(66) ( 0:20/00:08:25)
70 6六桂打 ( 0:06/00:07:37)
71 6八金(78) ( 0:20/00:08:45)
72 5三金(42) ( 0:27/00:08:04)
73 4二歩打 ( 0:21/00:09:06)
74 4二飛(41) ( 0:02/00:08:06)
75 5七銀(58) ( 0:08/00:09:14)
76 4七香成(46) ( 0:10/00:08:16)
77 4七金(48) ( 0:03/00:09:17)
78 6七歩打 ( 0:05/00:08:21)
79 5一銀打 ( 0:11/00:09:28)
80 4三飛(42) ( 0:06/00:08:27)
81 8二と(92) ( 0:33/00:10:01)
82 6一玉(72) ( 0:03/00:08:30)
83 6二銀成(51) ( 0:04/00:10:05)
84 6二玉(61) ( 0:02/00:08:32)
85 8三と(82) ( 0:04/00:10:09)
86 4六銀打 ( 0:22/00:08:54)
87 7三と(83) ( 0:06/00:10:15)
88 5二玉(62) ( 0:01/00:08:55)
89 6三と(73) ( 0:19/00:10:34)
90 6三金(53) ( 0:02/00:08:57)
91 6四桂打 ( 0:10/00:10:44)
92 6四金(63) ( 0:21/00:09:18)
93 6四歩(65) ( 0:02/00:10:46)
94 6八歩成(67) ( 0:39/00:09:57)
95 6三銀打 ( 0:13/00:10:59)
96 4二玉(52) ( 1:45/00:11:42)
97 5一角成(95) ( 0:06/00:11:05)
98 3二玉(42) ( 0:01/00:11:43)
99 4六金(47) ( 0:26/00:11:31)
100 4一金打 ( 0:23/00:12:06)
101 4一馬(51) ( 0:25/00:11:56)
102 4一飛(43) ( 0:06/00:12:12)
103 5二銀打 ( 0:12/00:12:08)
104 4六歩(45) ( 0:35/00:12:47)
105 4一銀(52) ( 0:04/00:12:12)
106 4一玉(32) ( 0:02/00:12:49)
107 4五香打 ( 0:08/00:12:20)
108 投了 ( 0:03/00:12:52)












FB将棋miniはフリーソフトです。詳しくは、FAT BECKY 将棋サイトをご覧下さい。


posted by fuaishuu-diario at 00:00| Comment(0) | 練習将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

2012.4.13 角換わり棒銀の一変化の研究

11sayuri26記

私がテーマを提出し、小研究を行いました。
【テーマ図までの手順】


第一譜







最終手▽5四角だが、私は24で何度か指されたことがあるが、これは定跡に無い手である。定跡ではこの形は▽7三銀▲1五歩▽同歩▲同銀・・・と進む。20手目▽1四歩に替えて▽7三銀▲1五銀▽5四角という定跡ならある。これは▲2四歩▽同歩▲同銀とくるなら▽2七歩と打とうという手である。テーマ図に進める人は、この2種の定跡をごっちゃにしているか、或いは▽5四角が先手の1筋の攻めをも牽制し得るものと考え敢えて混用しているのかもしれない。それは即ち以下の手順であると思われ、例会でも検討された。
【テーマ図からの手順】










最終局面から、▲5六香▽2七角成▲5三香成は難しいところもあるようだが、図では▲8四香と打つ手がある(snakeboyさん指摘)。▽同飛▲9五角▽7三銀▲8四角▽同銀▲8二飛▽6二角▲8一飛成▽6四歩▲9一竜▽7一金▲9二竜はぎりぎり先手の竜が捕まらないだろう。後手がもう一枚、銀を持っていれば簡単に捕まる為、1筋で銀を捨てるこの戦型では大概先手うまくいかないのだが、この場合はその銀を後手が已に手放している。▲8四香に▽9二飛は▲4六角▽7一金(▽7三桂は▲8三香成)▲8一香成や、単に▲8一香成で先手の攻めが続くだろう。尚、手順中、先手の飛は5八に逃げるのが一番バランスがよい。
次に後手が第一譜で▽7二銀に替えて▽6二銀と上がり、同様の進行をした場合を検討した(▽6二銀は棒銀の含みがなくなる為、やや損とも思われるが)。▽6二銀型では▲8四香の一発は入らない。
【▽6二銀型での進行(テーマ図' から手順を記載す)】









(追記:2012.4.15 テディ)
△6二銀型は壁形なので、右辺からの攻撃が有効。▲1二香成〜▲2一香として、次に▲3一成香△同金▲5五角の筋を見せれば香車の面目が立つ。▲2一成香に対して△7三銀と壁形を解消しながら▲5五角を防ぐが、薄くなった5筋を狙って▲5六香が有効。最終局面以下は△5五歩や△5二歩でどうか。
posted by fuaishuu-diario at 00:00| Comment(1) | 小研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。