2012年03月19日

2012.3.18 先手中飛車

テーマ1図より(▽5二金右)▲2六歩を研究した。
テーマ1.gif

▲2六歩に対する当初の感想−−
「大体こういうのはうまくいったためしがない」(留井氏)

しかし、プロでテーマ1図より▽4二金▲2六歩と進んだ実戦例がある。私の手元には平成22年5月28日の第51期王位戦挑戦者決定リーグ白組▲戸辺誠六段▽橋本崇載七段戦の棋譜があった。

▲2六歩は銀冠を目指した手だが、対して後手は▽4五歩と位を取るのがまず自然なところだろうか。
即ちテーマ1図より、▽5二金右▲2六歩▽4五歩▲2七銀▽8六歩▲同歩▽同飛(第1図)
▲2七銀と駒が離れた瞬間に動くのは自然な感覚だろう。
第1図.gif

前述の将棋も、後手▽5二金右型と▽4二金型の違いはあれ、同様に進行した。以下▲3八金!▽8九角▲6八金▽8八飛成▲5七銀▽9九竜▲8二歩以下先手優勢となった。が、とめいさんが▽9九竜に替えて▽6八竜と切り飛ばす進行はどうかと指摘。ということで次の手順を組み立てた。

第1図より、▲3八金▽8九角▲6八金▽8八飛成▲5七銀▽6八竜▲8九飛▽5七竜(第2図)
第2図.gif

手順中▽6八竜に▲同銀は▽7八角成で「受けにくい。」とスルーされたが、後に再検討があったので後述する。
前述の将棋では後手陣は▽6一に金がいる形であったため、本譜のような進行をすると▲8一飛成と桂を取った手が金取りになってしまう。陣形が堅いのが本譜の▽5二金右型の主張といえる。

第2図より、@▲8一飛成▽4九銀(第3図)
第3図.gif

第2図でまず▲8一飛成には▽4九銀と絡む手が低段陣(失礼!)の第一感。対して例会では▲6六角▽3八銀成▲同銀(同玉は▽4八金▲2八玉▽6六竜が詰めろ)▽6六竜▲同歩▽4八金(第4図)が示され、そこで▲8九飛!などという手が(冗談半分で)出てきたが、これは▽4六歩▲同歩▽4七歩とやられるぐらいでも先手はあまり駒を渡すと頓死してしまうため、煩わしい。
第4図.gif
これは後の私の感想だが、第4図からは▲3九銀としてどうだろうか?
また、▽4九銀に対して▲3九金と躱す手も再検討で提案された。以下例えば▽5八竜▲3八桂は容易には思えない。或は▽4八金には▲6六角▽3九金(同竜には▲4八金と金の方を取るのが好手)▲5七角▽3八金打▲1七玉▽2九金寄▲1八飛などという進行はどうだろうか?
次に、2図から▲6六角と打つ手。これには▽同竜▲同歩▽5七角(途中図)が示された。こうやるようでは先手楽勝と思ってしまうのだが・・・。以下最初に直感で進めてみたのは、▲8一飛成▽4九銀▲3九金▽4八金▲7一飛▽4二金寄▲3三桂▽同桂▲2一角▽2二玉▲4一飛成▽同金▲同竜▽3九金(第5図)で、これは後手玉の詰みが発見できず先手玉は次に▽3八飛以下詰むため、先手負けとされた。
途中図.gif第5図.gif
手順中▲8一飛成に替えて先に▲7一飛と打ち下ろすのには、後手も▽4二金寄と先に受けるらしい。以下▲8一飛寄成から息長く指す方針はどうだろうか。

遡って、第1図から第2図に至るまでの手順中、再検討の結果▽6八竜に▲同銀は、以下▽7八角成▲7一飛▽8六歩という手順が一例として挙げられた。▽8六歩で▽6八馬は、▲8九飛▽5七馬▲8一飛成▽4二金寄で、この局面は先の「途中図」に比べると先手が得をしている。▽8六歩の局面は先手大変だろうか?
posted by fuaishuu-diario at 14:04| Comment(0) | テ研:先手中飛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。