2012年03月11日

2012.3.11 先手中飛車

テーマ1図までの手順の確認、変化の検討を行った。
〔テーマ1までの手順〕
▲7六歩 ▽8四歩 ▲5六歩 ▽8五歩 ▲7七角 ▽5四歩 ▲5八飛 ▽6二銀 ▲4八玉 ▽4二玉 ▲3八玉(分岐1)▽3四歩 ▲6八銀(▲2二角成→テーマ3へ)▽5三銀 ▲2八玉 ▽7七角成 ▲同銀 ▽6四銀 ▲3八銀 ▽3二玉 ▲1六歩 ▽1四歩 ▲5九飛 ▽4二銀 ▲7八金 ▽4四歩 ▲6六銀 ▽4三銀(分岐2)▲7七桂(分岐3)
テーマ1.gif
▽5二金右

最序盤、居飛車が▽6二銀を保留して▽4二玉、▽3四歩とするのは、▲2二角成▽同銀▲7五角がある。
参考1図.gif
この王手の受け方が悩ましい。居飛車としては避けたい変化である。


分岐1:▲3八玉に替えて▲5五歩
以下▽同歩 ▲同飛 ▽3四歩 ▲7八金(第1図)
第1図.gif
▲7八金は仕方がない。▲5九飛などと逃げては、▽7七角成▲同桂▽4五角と打たれて2七と6七への両方の角成が受からない。

第1図から▽5五角 ▲同角 ▽3三桂 ▲3六歩 ▽5三銀 ▲3五歩 ▽4四銀 ▲同角 ▽同歩 ▲3四歩 ▽4五桂(第2図)
第2図.gif
▽5五角と取れば激戦必至だが、後手はこれを避けられない。替えて▽3二玉ならば▲5四飛!▽7七角成▲同桂▽4五角▲5五飛!▽2七角成▲2五飛▽5四馬▲2四歩(参考2図)がある。
参考2図.gif
▲5四飛が妙手で、▽4五角から馬を作られてしまうようだが▲2五飛〜▲2四歩となってみると先手優勢である。参考2図以下▽同歩なら▲同飛で次に▲3四飛の王手馬取りと▲2三角の打ち込みが同時に受からない。さりとて▽2二銀と頑張っても、▲2三歩成▽同銀▲2四歩▽1四銀▲2三角と露骨に攻めて2筋を突破すれば先手優勢である。
本手順に戻ろう。▲3六歩は攻めを急ぐ手。先手は飛車を失っており、漫然と指すと完封されてしまう。▽5三銀〜▽4四銀は最善の応接である。進んだ第2図は一見先手好調のようだが。

第2図から▲3三角 ▽4三玉 ▲1一角成 ▽5七角 ▲3八玉 ▽2四角成 ▲3三歩成 ▽同馬 ▲5四銀 ▽同玉 ▲3三馬 ▽3五飛(第3図)
第3図.gif
第3図となっては明らかに後手優勢。馬を取り返されると駒割りが飛香交換になり、先手の損が大きい。手順中変化はあるだろうが、いずれにせよ先手玉の位置の悪さを突いた反撃が厳しいだろう。


分岐2:▽4三銀に替えて▽8六歩などの手
これは超重要事項であるが、分岐2の直前の▲6六銀は「先手」なのである。放っておくと次に▲5五歩と突き、▽同歩なら▲5四角が厳しいし、▽同銀でも▲同銀▽同歩▲5四角で似たり寄ったりである。よって▽4三銀は必然に近い。替えて▽8六歩なら▲同歩▽同飛のときにすぐに▲5五歩がある。


分岐3:▲7七桂に替えて▲5五歩
以下▽同歩▲同銀のときに▽5八歩▲同飛▽6九角(参考3図)と反撃されるのが厳しく、無理筋である。
参考3図.gif


テーマ1図から▽5二金右(最新型)に対し▲7五銀(実はこれが定跡)、▲4六歩、▲2六歩、▲8九飛が挙げられた。このうち▲8九飛の変化をついでに研究した。
テーマ1図から▽5二金右 ▲8九飛 ▽7四歩 ▲8五桂 ▽同飛 ▲8六歩 ▽8二飛 ▲8五歩 ▽7三銀 ▲7五歩 ▽同歩 ▲同銀 ▽3一角 ▲8四歩 ▽8六歩(第4図)
第4図.gif
▲8九飛の狙いは本譜に見られるように、桂を捨てて無理矢理8筋を逆襲することにある。対して▽7四歩は▽7三銀の余地を残したわけだが、「主張が無い」との意見もあった。但し、まともに受けようとするならばこれぐらいだろう。以下の後手の応接も最善かどうかはわからない。第4図以下▲同銀と取るか、或は▲3九角のような手があるのか。結局ハッキリとしたことはわからなかったと言うべきだろう。とてもアマチュアらしい戦型であると思う。
posted by fuaishuu-diario at 00:00| Comment(0) | テ研:先手中飛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。