2012年03月06日

12/03/06 先手中飛車研究

 今回は、スタートが私と受け得さん、ロンさんで全員先手中飛車はよく知らないということで基本図から意味を確認していきました。

▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 △8五歩 ▲7七角 △5四歩 ▲5八飛(基本図)
基本図

ここから△4二玉が▲5五歩からの交換を防ぐ一手で、△5五同歩 ▲同角は△8四歩、▲同飛には△3四歩で良い。

先手もここは▲4八玉と自重するところ。ここで△6二銀が自然とされているが、ここで△3四歩の方が後手得ではないかとの意見が出た。△6二銀の場合、以下▲3八玉、△3四歩、▲2二角成、△同銀、▲8八銀(テーマ3)
<テーマ3.gif

となって、先手に戦型選択の権利を与えてしまう。しかし、△6二銀と▲3八玉の交換を入れていなければ、△6五角のすきを消すために▲3八玉が必要になる分、△3三銀〜△4四銀が間に合うのである。ロンさん調べで△6二銀で△3四歩と指したプロはいないそうである。追研究が必要と思われる。

ここで受け得さんと入れ替わりにテディさんが登場。中飛車研究に糸谷流右玉の研究はどうかとの申し出があった。ぜひプラスしてほしい。

また、軽くテーマ6についても狙いを確認した。
テーマ6.gif

後手の△5四歩を積極的に咎めに行く積極的な手で升田式向かい飛車と呼ばれている。
ここで△4二玉は以下▲8六歩、△同歩、▲同角、△3二玉、▲5七角成、もしくは▲8四歩(失敗図)
失敗図失敗図

となる。敵の駒組みを制限するわけである。
24ではここで▲6二銀と上がるかたが多いがこれは飛車が浮くのでより技をかけやすくなっていると考えられる。
先手は以下▲8六歩、△同歩、▲同角、△8五歩、▲7七角(図T)図I
として一歩持っておく。後手はいまだに△4二玉とはできないので、△3四歩や、△6四歩として先手の攻撃をかわそうとする。前者は▲2二角成〜▲8四歩、後者は▲6六角〜▲8四歩を狙うことになる。(留井)
posted by fuaishuu-diario at 00:00| Comment(3) | テ研:先手中飛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。